WEC第4戦富士6時間FP2:トヨタ8号車が連続首位。またも縁石にトラブル

WEC第4戦富士6時間FP2:トヨタ8号車が連続首位。またも縁石にトラブル

 WEC(世界耐久選手権)第4戦富士6時間レースのフリー走行2回目が行われ、午前中に行われたFP1に引き続き、8号車トヨタTS050HYBRIDが首位、2番手にも7号車トヨタTS050HYBRIDが入り、トヨタ勢が1-2を独占した。

 FP1と同じように、このFP2も赤旗中断が発生した。またもターン13の縁石が壊れ、この調査のためにセッションが中断されてしまったのだ。この中断時間は、2回合計で50分を数えた。そのため、セッションは延長されたが、その時間はわずか10分間であった。

 最速タイムをマークしたのは、フェルナンド・アロンソが駆るトヨタTS050HYBRIDの8号車だった。アロンソは、チームメイトのセバスチャン・ブエミが午前中に記録したタイムを大幅に更新し、1分23秒973を叩き出した。

 7号車トヨタTS050HYBRIDもタイムを更新したが、ホセ・マリア・ロペスが出した1分25秒068が最速。7号車に1.095秒の差をつけられた。

 LMP1クラスのノンハイブリッドマシンで最も速かったのは、3号車レベリオン・レーシング。ジェンソン・バトンが駆った11号車SMPレーシングをわずか0.1秒退けた。

 LMP2クラスは36号車シグナテック・アルピーヌが、38号車ジャッキー・チェンDCレーシングに0.4秒の差をつけて首位。LM-GTE Proクラスは95号車アストンマーチン・レーシングが、LM-GTE Amクラスは88号車デンプシー-プロトン・レーシングが、それぞれ首位となった。


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索