オコン「来季のシートを失っても、F1以外のレースに出場するつもりはない」インディカーなどへの転向否定

オコン「来季のシートを失っても、F1以外のレースに出場するつもりはない」インディカーなどへの転向否定

 レーシングポイント・フォースインディアのエステバン・オコンは、もし来シーズンのF1シートを手に入れることができなかったとしても、F1以外のカテゴリーでレースをするつもりはないと語った。

 オコンが来年もF1に残るための唯一の希望は、ウイリアムズのシートを得ることだ。だがウイリアムズは、すでに契約を締結したジョージ・ラッセルのチームメイトに、財政的なパッケージを持ち込めるドライバーを起用しようとしている。

 しかしオコンは、もしウイリアムズのシートを獲得することができなかったとしても、他のカテゴリーではレースをしないと決めたことを明かした。

 彼は、インディカーに参戦するシュミット・ピーターソン・モータースポーツやデイル・コイン・レーシングなどで優先順位の高い候補だったとみられている。またフォーミュラEへ参戦する可能性もあったようだ。

 他のカテゴリーから関心を持たれていたことについて、オコンは次のように話した。

「(F1とは)異なる多くの場所でレースをする可能性について話をしたが、詳細な話し合いをするつもりはない。僕らはそれ(F1以外のカテゴリーでのレース)をしないと決めている」

 もし来年F1に参戦できない場合は、チームをより理解し、できる限り多くテストをこなして自分のスキルを保つためにも、メルセデスチームにとどまることが最善策だとオコンは考えている。

「もし来年レースができなければ、僕はメルセデスの近くに留まり、そこからできる限り多くのものを学ぶことを選択するだろう」

「可能であれば、あちこちでテストをして、チームと密接に作業をすることになる。これが、この体型を保ち、F1の近くに留まるために僕にできる唯一のことだ」

「以前やったことをもう一度行っても、経験を得られるとは思っていない」

「例えば、F1のシートを待つためにDTM(ドイツツーリングカー選手権)で走っていたことがある。昔はたくさんのことを学んだけれど、F1での経験を持っている今、同じように物事が進むとは考えていない。どこか他のカテゴリーでレースをすることは計画していない」

 また彼は、ウイリアムズの決定に影響を与える手助けをするものはなく、計画の発表を待っている状況だという。

「僕がわかっているのは、僕にはどうしようもできないということだ」

「僕のマネージメントが運命を握っているわけでもない。基本的にはウイリアムズの決定によるものだ。物事がどう展開していくのか、そのうちわかるだろう」

「現時点ではあと2レースある。僕はそれに集中して、その後で何が起きるのか見てみよう」


関連ニュースをもっと見る

関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索