100号車RAYBRIG NSXの山本尚貴「スーパーフォーミュラのことは忘れて、スーパーGTでのタイトル獲得に集中」|スーパーGT最終戦

100号車RAYBRIG NSXの山本尚貴「スーパーフォーミュラのことは忘れて、スーパーGTでのタイトル獲得に集中」|スーパーGT最終戦

 今週末、ツインリンクもてぎで開幕する2018スーパーGT最終戦。GT500クラスでランキング首位につける#100 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴にとっては、スーパーフォーミュラに続いてのダブルタイトルがかかっている。サーキット入りした山本は、スーパーフォーミュラのことは一旦忘れて、今週末のタイトル獲得に集中したいと語った。

 今年はジェンソン・バトンと組み、優勝1回、2位2回と安定した成績を出している山本。第7戦オートポリスを終えて、#1 KeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)に同ポイントまで追いつかれたものの、ランキング首位を維持。GT500では初のシリーズチャンピオン獲得に大きな可能性を残している。

「過去にもチャンピオンの権利を持って(最終戦に)臨んだシーズンはありましたけど、現実的にタイトルを獲得できる位置にはいなかったですし、ランキングトップで最終戦に乗り込むというのは初めての経験です。当然、緊張もしていますが、日曜日の夕方(決勝後)にどういう結果が待っているのかなと思うと、楽しみでもあり不安でもあります」

 そう語った山本は、もてぎでのライバル陣営の速さを警戒していたが、自分たちの持ち前である“予選一発の速さ”を存分に生かしたいという。

「過去の戦歴だけを見るとレクサス勢が強いし、特に1号車はここを得意としているサーキットのひとつなので、楽ではないと思います。ただ僕たちにとっては予選一発での速さが強みになっているので、それを活かして戦えればタイトル獲得につながるのかなと思います」

「特にもてぎに関してはコースレイアウトの影響もありますし、レース距離も短い。その分、コース上で仕掛けられるチャンスも限られます。(予選で先行されると)逆転するのが難しくなるので、予選ではしっかり前にいきたいですね」

 山本は、先月末に鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラ最終戦で優勝。シリーズチャンピオンに輝いた。ただ、その事は一旦忘れて、スーパーGTでのチャンピオン獲得だけに集中すると語った。

「今はスーパーフォーミュラのことは忘れて、何としてもスーパーGTでタイトルを獲得したいです。今週末のために頑張ってきたスタッフがたくさんいるので、そういう人たちのためにも、自分のためにもこのカテゴリーでチャンピオンを獲得したいです」

「また、今年はJB(ジェンソン・バトン)と組んで、大変だったこともたくさんありましたが、嬉しいこともたくさん共有できました。1年を通して良いコンビネーションでくることができたので、最後まで力を合わせて、チーム一丸となって頑張りたいです


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索