ポルシェ・ジャパン、グランツーリスモとタッグを組み、Eレーシングシリーズ立ち上げへ。GT4レースも始動「モータースポーツを広めたい」

ポルシェ・ジャパン、グランツーリスモとタッグを組み、Eレーシングシリーズ立ち上げへ。GT4レースも始動「モータースポーツを広めたい」

 ポルシェ・ジャパンが都内で”モータースポーツ・プレスカンファレンス”を開催し,2019年のモータースポーツ活動計画を発表した。

 まず2001年に始まったポルシェ・カレラカップ・ジャパンは、来年も継続開催。全11戦の開催カレンダーが設定されていて、19年目のシーズンを迎える。

 また、718ケイマンGT4 Clubsportを使ったレースを新設。従来のGT3 CUP CHALLENGEとの混走とし、名称も”PORSCHE SPRINT CHALLENGE JAPAN”として行われるという。この718ケイマンGT4 Clubsportは後日発表される予定で、シリーズの開幕も2019年後半になるという。

 ポルシェ・ジャパンの七五三木敏幸社長は、この新シリーズについて「カスタマーレーシングの裾野を広げたい」と、その創設理由を語った。

 さらに来年からは、Eスポーツのポルシェ・ワンメイクシリーズ”Porsche E-Racing Japan”も開設。海外では他のソフトウエアを使うが、日本では「グランツーリズモSPORT」を活用して、Eレーシングの世界に参入するという。

 この日はグランツーリズモ・シリーズを手掛ける、ポリフォニー・デジタルの山内一典氏も登場。「Eレーシングは、モータースポーツを始める人に最適」と語った。

 シリーズの詳細は、追って発表されることになっている。

 なおEレーシングといえば、多くのプレイヤーがハンドルコントローラーを使って”ドライブ”すると思いがちだが、普通のプレイステーション用コントローラーを使うプレイヤーも存在するという。実際、先日モナコで行われた『FIA グランツーリスモチャンピオンシップ 2018 ワールドファイナル』でも、通常のコントローラーで勝ち上がってきたプレイヤーもいたそうだ。

 これについて七五三木社長は、「ぜひハンドルコントローラーでポルシェの走りを味わっていただきたい」と、シリーズへの参加を考えているプレイヤーにメッセージを寄せれば、山内氏も「グランツーリズモの中でも、911は911の動きをしますんで、そのドライビング体験をしていただくだけでも、結構良いんじゃないかなと思います」と語った。


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索