ジェンソン・バトン、今年もスーパーGTに参戦。ホンダ勢がラインアップ発表

ジェンソン・バトン、今年もスーパーGTに参戦。ホンダ勢がラインアップ発表

 ホンダは1月11日に東京オートサロンの会場で行われた「Honda Racing 2019 キックオフプレゼンテーション」で今季のスーパーGT参戦体制を発表した。

 昨年、8年ぶりにGT500クラスでタイトルを獲得したホンダ。陣営全体で全8戦中4勝をマークし、5度のポールポジションを獲得するなど、圧倒的な強さをみせたシーズンだった。

 今年もNSX-GTには5チーム体制で参戦。このうち、チャンピオンチームであるチームクニミツは山本尚貴とジェンソン・バトンのコンビで変更なし。同じ体制で連覇を狙う。

 2018シーズンは2勝する活躍を見せたARTAも野尻智紀と伊沢拓也のコンビを継続。陣営では唯一ヨコハマタイヤを使用するTEAM MUGENも武藤英紀と中嶋大祐のコンビで変更はない。

 一方、昨年の開幕戦ウィナーであるKEIHIN REAL RACINGは塚越広大が残留し、そのパートナーとしてベルトラン・バケットが加入することになった。2010年のチャンピオンである小暮卓史は今季GT500クラスのエントリーリストから外れることとなった。

 メインスポンサーがモデューロに変更されたNAKAJIMA RACINGもラインアップを大幅に変更。昨年はヨーロッパで武者修行を積んでいた牧野任祐が加入し、パートナーにはスーパーGT初挑戦となるナレイン・カーティケヤンが入ることになった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索