aprが2019年のスーパーGT参戦体制発表。新型プリウスPHVの2台体制

aprが2019年のスーパーGT参戦体制発表。新型プリウスPHVの2台体制

 aprが2019年シーズンのスーパーGT参戦体制を発表。TOYOTA GR SPORTS PRIUS PHVをベースとした新型車両で挑むことを明らかにした。

 aprは、TOYOTA GR PRIUS PHV apr GTの2台体制で2019年シーズンのスーパーGTに参戦。金曽裕人がチーム監督を務め、ヨコハマタイヤを履く30号車は織戸学と永井宏明、ブリヂストンタイヤを履く31号車には嵯峨宏紀と中山友貴というラインアップになった。

 TOYOTA GR PRIUS PHV apr GTは各所に日本製の新開発パーツが使われていて、”まさにメイド・イン・ジャパン”であると金曽監督は強調。また、シャシーの剛性も向上し、トヨタTRDのV8エンジンも新型であるという。駆動形式はFRだ。

 また、昨シーズンまでは赤を多用していたカラーリングも一新。ホワイトをベースとしたものとなった。


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索