フェルスタッペン、マラケシュのフォーミュラEで『社会奉仕活動ペナルティ』1日分を消化

フェルスタッペン、マラケシュのフォーミュラEで『社会奉仕活動ペナルティ』1日分を消化

 レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、1月12日(土)にモロッコ・マラケシュで行われるフォーミュラE第2戦で、自身に科せられていた『社会奉仕活動2日間』のペナルティを一部消化するようだ。

 フェルスタッペンは、F1ブラジルGP決勝でトップ走行中に周回遅れのエステバン・オコン(フォースインディア)と接触し優勝を逃した。レース後、FIAの計測室でオコンと顔をあわせると、オコンの態度に我慢できずに胸を突き飛ばしてしまい、前述のペナルティを科せられていた。

 FIAがフォーミュラEのレースを訪れることを罰だと捉えているのではなく、単にこのレースが、フェルスタッペンが参加することができるシングルシーター・チャンピオンシップの最初の大きなレースだったということだ。

 フェルスタッペンはマラケシュでイベントに参加するほか、FIAのスチュワードがいるコントロールルームでレースを見守ることになるという。今回のレーススチュワードは、レッドブルF1に在籍していたこともあるヴィタントニオ・リウッツィだ。

 FIAはマラケシュでのフェルスタッペンの社会奉仕活動について、次のように声明を出している。

「マックス・フェルスタッペンは、2018年のF1ブラジルGPのスチュワードの裁定の結果として、マラケシュePrixに参加します」

「この問題に対してFIAは教育的かつ多くの情報をもたらすアプローチを採り、フェルスタッペンはトップレベルの国際的なモータースポーツイベントで、スチュワードの仕事を間近で見るオブザーバーとして、1日を過ごすことになるでしょう」

 フェルスタッペンにとって不都合なことに、フォーミュラEは基本的に単日開催であり、社会奉仕活動のペナルティは1日分しか消化できない。もう1日分のペナルティ消化の予定はまだ明らかになっていない。


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索