”グレーゾーン”は必要ない。ホンダ、F1エンジン規則の明確化を望む

”グレーゾーン”は必要ない。ホンダ、F1エンジン規則の明確化を望む

 ホンダは、F1のエンジンレギュレーションから”グレーゾーン”がなくなり、異なる解釈が生まれないよう、さらなる取り締まりを望んでいるようだ。

 F1にV6ターボエンジンにハイブリッドシステムを組み合わせたパワーユニットが導入されたのは2014年のこと。ホンダがF1に復帰したのはその翌年だった。

 ホンダは開発アプローチにおいて根本的なミスを犯し、その回復に時間を費やした。だが、ホンダがF1におけるベンチマークであるメルセデスとフェラーリに追いつくのに苦労している理由の一部は、彼らがルールのグレーゾーンを悪用し、エンジンオイルを燃やしてパワーを高めていたからだと考えられている。

 ホンダの山本雅史モータースポーツ部長は、新しいエンジン規則が導入された時のことについて、motorsport.comに次のように語った。

「誰もがグレーなエリアを利用することに熱心でした。特にフェラーリとメルセデスです」

「私たちは遅れて参入してきたので、知識と理解の観点で遅れていました」

「ホンダが考えているのは、そういったグレーゾーン全てを無くしたいということです。私たちは、グレーゾーンは望んでいません」

 FIAは、2017シーズンからエンジンオイルの不正燃焼に関して規制を段階的に強化。2019シーズンに向けても、予選中の悪用を防ぐため補助オイルタンクを空にしておくなど、さらなる規制が導入される予定だ。


 山本部長は、いくら「レギュレーションを作る人々がスペシャリスト」だからといって、詳細な設計プロセスに関する知識はないため、常にグレーゾーンが生まれ得ると認めている。

 一方で「しかしF1に関して言えば、FIAの内部には非常に多くのスペシャリストがいることを、私たちは知っています。そして彼らは、グレーゾーンがないような、もっと良いレギュレーションを作ることができると思います」と話し、さらなる規制強化に期待を寄せた。

 ただ、オイルの不正燃焼などのグレー領域の開発は、あくまでピークパフォーマンスを押し上げるためのもの。F1復帰の初期段階でつまづいたホンダにとっても、補足的な問題だった。

 しかしホンダは、2018シーズンを前に体制を大きく変更。田辺豊治氏をテクニカルディレクターとし、現場指揮に。浅木泰昭氏がホンダ技術研究所HRD Sakuraにおいて、パワーユニット開発の指揮を執るという体制としたことで、2018年に大きな飛躍を遂げた。

「私たちが進歩できた理由は、開発側から優秀な人材を選んでF1チームに連れてきたこと、そしてファクトリーの質を成熟させたことです」と、山本部長は述べた。

「最も大きいのは、過去に学んだことを確実に形にすることです」

「私たちは多くの試行錯誤をして、多くを学びました。そこから何ステップか前進することができ、そしてそれが次の年につながるのです」


関連ニュースをもっと見る

関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索