【F1新車発表】ウイリアムズ、新マシン用の”斬新な”カラーリングを発表。ROKiTがタイトルスポンサーに

【F1新車発表】ウイリアムズ、新マシン用の”斬新な”カラーリングを発表。ROKiTがタイトルスポンサーに

 ウイリアムズは、2019年シーズンを戦うニューマシンFW42のカラーリングを発表。併せて、ROKiTとタイトルスポンサー契約を締結したことを明らかにした。

 ウイリアムズは2014年にリキュールブランドの”マルティニ”とタイトルスポンサー契約を締結。その後2018年まで、マルティニはウイリアムズの活動を支援してきた。

 しかしマルティニは昨年限りでウイリアムズとのスポンサー契約を終了し、F1から撤退。ウイリアムズはその後任となる新たなタイトルスポンサーを探してきた。

 その後任のタイトルスポンサーとして発表されたのが、携帯電話会社のROKiT。NBA(アメリカプロバスケットボール)のヒューストン・ロケッツにもスポンサードしている。これに伴い、チーム名はROKiT WILLIAMS RACINGへと変更。マシンのカラーリングは、昨年同様ホワイトがベースながらも、青や黒が入れられた斬新なカラーリングとなった。

 なおウイリアムズの今季のドライバーラインアップは、FIA F2からの昇格ドライバーであるジョージ・ラッセルと、2011年以来のF1復帰となるロバート・クビサのふたりである。

 昨年はコンストラクターズランキング最下位と、屈辱のシーズンを送ったウイリアムズ。かつての名門復活に向け、重要な1年が始まった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索