フェラーリ代表、F1中国GPでのルクレールへのチームオーダー決断の苦悩を語る「難しい決定だったが、チームとしては正しい」

フェラーリ代表、F1中国GPでのルクレールへのチームオーダー決断の苦悩を語る「難しい決定だったが、チームとしては正しい」

 先日行われたF1中国GPのスタート時、4番グリッドに並んだシャルル・ルクレールは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルを先行することになった。しかしレース序盤はタイヤに苦しんでいるように見え、事実ペースも上がらなかった。

 ベッテルはルクレールの後ろに詰まることになってしまった。その結果チームはルクレールに対し、ベッテルを先行させるよう指令を出した。

 開幕戦オーストラリアGPでは、ベッテルを抜かないように指示され、第2戦バーレーンでも同様の指示を受けていたルクレール。彼にいわゆる”チームオーダー”が出されるのは、3戦目にして今季3回目ということになる。

「チームオーダーを出すのは、チームとしては難しいことだ」

 フェラーリのマッティア・ビノット代表はそう語った。

「我々はドライバーたちのことを理解している。彼らはできるだけ前を走るため、戦う必要があるんだ」

「簡単な決断ではなかった。だから、シャルルには感謝しなければならない。彼の立ち振る舞いは、彼が良いチームプレイヤーであることを示している。でも、状況が逆転することもあると思う」

「チームとしては、チームの獲得ポイントを最大にする必要がある。そういう点では、正しい選択をしたと思っている」

 ルクレールはレース直後、順位の入れ替えについてコメントする前に、チームの言い分を聞きたいと語っていた。そしてその”チームの言い分”を聞いたルクレールは、決勝後の夕方遅くに、再びメディアの前に登場し、次のように語っている。

「マシンに乗っているときは、少しイライラしていた。でもその一方で、マシンに乗っている時には、レースの全体像を見ることができないことも分かっていた。だから僕はその指示を受け入れて、実行した。その後は自分のレースに集中したんだ」

 このレースの結果、ベッテルはルクレールを1ポイント先行することになった。しかし、ランキング首位のルイス・ハミルトン(メルセデス)との間には31ポイントの差がある。

 ルクレールは、フェラーリがチームオーダーを発令した理由を理解していると語る。

「それは簡単な状況ではなかった」

 そうルクレールは語った。

「僕は明らかにタイヤに苦しんでいた。僕らふたりともそうだったんだ。そして(チームオーダーが発令された)当時は、セブの方が速いように感じた。でも僕の後ろを数周走ったことで、彼は明らかにタイヤにダメージを負った。僕の前に出た時の彼のタイヤは、明らかにダメージを負っていた」

 なおルクレールは、第2スティントを長く走行することになり、上位勢からは大きく遅れることになった。この行動はメルセデスの1台を故意に抑えることを目的としたモノだったのではないか……そう噂されることもあった。しかし実際には、1ストップでレースを走りきることを目指していたことを、ビノット代表は示唆する。

「その当時、メルセデスに対してタイムを失わないために、我々はできる限りのことをトライしたと思っている。それこそが、我々が手にした唯一のチャンスだった。やってみたが、うまくいかなかった。だからセブにチャンスを与えるのは正しいことだった。チームとしては、できる限りのことをした」


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索