【FIA F3】ハンガロリンクテスト:プレマ勢好調。角田裕毅は2日目に5番手タイムを記録!

【FIA F3】ハンガロリンクテスト:プレマ勢好調。角田裕毅は2日目に5番手タイムを記録!

 FIA F3のプレシーズンテストがハンガリーのハンガロリンクで2日間にわたって行われた。初日にはマーカス・アームストロング、2日目にはロバート・シュワルツマンがトップタイムを記録し、プレマ・レーシングが速さを見せた。日本勢ではイェンツァー・モータースポーツの角田裕毅が2日目に5番手タイムを記録した。

 初日は雨が落ち始めたセッション終盤に1分31秒411をマークしたアームストロングがトップとなった。アームストロングは先日、FIA会長ジャン・トッドの息子であるニコラス・トッドのマネージメントを受けることが発表された。トッドがマネージャーについているドライバーの中には、現フェラーリのシャルル・ルクレールがいる。

 なお、アームストロングをはじめとするプレマ勢は初日から好調で、SMPの支援を受けるロシア人ドライバー、ロバート・シュワルツマンが3番手、ユアン・ダルバラが5番手タイムをマークした。

 そして2番手につけたのは、先日行われたバルセロナテストで2日間ともにトップタイムを記録したレオナルド・プルチーニ(ハイテック)で、4番手は昨年F2にもスポット参戦したニコ・カリ(トライデント)だった。プルチーニのチームメイトで、レッドブル育成ドライバーのユーリ・ヴィップスは6番手だった。

 HFDP(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)のメンバーで、日本のFIA-F4からステップアップしたふたりの若手ドライバーは、角田が1分32秒275で16番手、名取鉄平(カーリン・バズ・レーシング)が1分33秒250で27番手となった。

 2日目もプレマ勢が好タイムを記録。シュワルツマンが1分30秒746でトップタイム、ダルバラが3番手、アームストロングが4番手と、2日続けて3台をトップ5に送り込んできた。

 その間に割って入り2番手となったのが、長年にわたってGP3を席巻したARTグランプリのクリスチャン・ランドガード。そして5番手には1分31秒146で角田が入った。角田のタイムは、GP3で優勝経験のあるデビッド・ベックマン(ARTグランプリ)やジェイク・ヒューズ(HWA Racelab)らを上回るもので、午後だけで見れば30台中トップだった。なお、名取は1分32秒415で28番手だった。

 FIA F3の開幕ラウンドは、5月11日(土)からカタルニア・サーキットで、F1スペインGPのサポートレースとして行われる。


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索