地元モナコでまさかの予選Q1敗退……ルクレール、チームの決定に納得できず

地元モナコでまさかの予選Q1敗退……ルクレール、チームの決定に納得できず

 F1モナコGPの予選Q1でまさかの敗退を喫し、16番手となったシャルル・ルクレール(フェラーリ)は、2度目のアタックに向かわないというチームの決定を疑問に感じていたという。

 予選Q1のアタックでタイヤをロックさせ、フラットスポットを作ってしまったルクレールはピットに戻った際に重量計測に呼ばれ、一度はこれをスルー。ピットクルーがマシンを押し戻し、重量計測を行った。

 その後、各車が2度目のアタックへ。ルクレールのチームメイトであるセバスチャン・ベッテルも、改めてコースインした。

 しかしフェラーリは、ルクレールをピットに留めておくことを選択。これが裏目に出てしまい、各車がタイムを上げたことでルクレールは6番手からポジションを落としていった。最終的にルクレールは16番手となり、まさかのQ1敗退を喫した。

 そしてルクレール本人は、チームの決定に納得できていなかったようだ。

「僕は、彼ら(チーム)にそれ(ピットに留まるという判断)が確かかどうか聞いたんだ。彼らは『そうだと思う』と答えた」と、ルクレールは『Sky』に語った。

「僕は『もう一度出て行かなくちゃいけないんじゃないか?』と言った。でも、しっかりした答えはなかった。まだ詳細な説明はないんだ。受け入れるのはとても難しいよ」

 ルクレールは、重量計測に呼ばれたことで若干時間を失ったものの、再びコースインする上では、それは特に障害にはならなかったと主張した。

「実際、(ピット)ボックスから出てもう一度アタックをするのに、十分な時間があった。重量計測は問題じゃなかった」と彼は説明した。

「まだ燃料も入っていたし、タイヤを替えるだけだった。なぜだか説明をしてもらう必要がある。今はまだ(理由が)分からない」

 決勝がドライコンディションのままであれば、抜きづらいモナコでグリッド後方からスタートするルクレールは、積極的な戦略を採らざるを得ないだろう。ルクレールは雨を祈りながらも、クラッシュ覚悟で攻めていくと話した。

「雨が降ることを祈る。そうすれば、レースは”くじ引き”のようになる。ドライならつまらないだろうね。僕はかなりのリスクを冒さなければならないだろう。クラッシュ覚悟でね」

「だけど結局、僕たちが今やる必要があるのはそれだけなんだ。基本的にここはオーバーテイクが不可能なトラックだから、徹底的にやらなきゃいけない」


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索