シトロエン、今季限りでWRC撤退! 「セバスチャン・オジェの離脱が原因」と説明

シトロエン、今季限りでWRC撤退! 「セバスチャン・オジェの離脱が原因」と説明

 シトロエンは11月20日(水)に、今季限りでWRC(世界ラリー選手権)から撤退することをツイッターで発表した。

 同陣営のドライバーであるセバスチャン・オジェとエサペッカ・ラッピは、まだ1年間の契約を残している。しかしオジェは、今季シトロエンで苦戦したことを受け、来季はチームを移籍することを決断したようだ。つまりシトロエンは、チームをリードするドライバーを失ったということになる。

 シトロエン・レーシングは、次のようにツイッターで声明を発表している。

「セバスチャン・オジェが世界ラリー選手権の2019年シーズンを最後にシトロエン・レーシングを離れるという決断を下した。そのためシトロエンは、2020年に起用できる一流のドライバーがいないことにより、2020年のWRCプログラムから撤退することを決めた」

 シトロエンを離れることを決めたオジェは来週の月曜日にも、エルフィン・エバンスやカレ・ロヴァンペラと共に、トヨタ入りすることが発表されると見られている。

 一方でラッピの将来は不透明だ。シトロエンが撤退を発表したことにより、WRCにおけるシート数は大幅に減少することが考えられるからだ。

 ラッピもツイッターで、シトロエンの撤退発表にショックを受けている旨を語った。

「嘘をついても仕方ない。このことは僕にとって、僕らラリー界のファミリーにとって、とても悪いニュースだ。スタッフやファンに対して申し訳なく思う。しかし、僕にできることは何もない」


「来年のシートを見つけるための仕事を、すでに始めている。時間はそれほどないけど、僕の周りには良いチームがいるんだ」

 エバンスの離脱によって空いたM-SPORTSのフォード・フィエスタの1席は、現状で残っている唯一の空席ということになる。

 シトロエンのCEOであるリンダ・ジャクソンは、今回の決定に際して次のように語った。

「2019年を最後にWRCのプログラムから撤退するという我々の決断は、セバスチャン・オジェがシトロエン・レーシングを離脱するという選択に基づいている」

「我々は明らかに、このような状況を望んではいなかった。セバスチャンのいない2020年シーズンなど、想像できなかった。シトロエン・レーシング・チームの情熱とコミットメントに感謝したい。シトロエンのDNAの一部は、ラリーと密接に結びついている。そして102回の勝利と8回のマニュファクチャラーズタイトルを獲得した歴史を持つ、WRC史上最も多くのタイトルを獲得したブランドのひとつであるということを、誇りに思っている」

 当のオジェはまだ来季の計画を明らかにしていない。トヨタも同じ11月20日(水)に東京で「WRCシーズンエンド取材会」を開催し2019年の3人のドライバーとふたりのコ・ドライバー、そしてチーム代表のトミ・マキネンが出席したものの、来季の体制についての発言は一切なかった。

 シトロエンは近年では2005年と2016年にもシリーズから撤退しているが、この撤退は新たなマシンを開発するためのものだった。しかし今回については、短期間での復帰は望めそうもない。PSAモータースポーツは2022年以降ハイブリッド化されるWRCには参加しないとみられているからだ。しかもそれだけではない。同グループのブランドであるプジョーがWEC(世界耐久選手権)に復帰、そしてプレミアムブランドであるDSがフォーミュラEでのプログラムを継続に注力しており、その他のカテゴリーにリソースを割く余裕は無さそうに見える。


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る