2019年からの2シーズンをルノー(現アルピーヌ)で過ごし、2021年からはマクラーレンの一員としてF1を戦うダニエル・リカルド。アルピーヌのシャシー・テクニカルディレクターであるパット・フライは、そんなリカルドの働きぶりを間近で見て、マシンに降りた後もチームに好影響を与えるドライバーであると感じている。

「ダニエルは並外れたドライバーだ」

 フライはそう語る。

「彼は間違いなく速いし、賢明な人間だ。しかし私が思うに、彼がチームの士気を高めていることもまた素晴らしい。これは忘れられがちな側面だ」

「たとえそのセッションが望んだようなものではなかったとしても、彼は自分たちが何を学んだかに目を向けていて、“明日はもっと良い日にしよう”ということを考えている」

「これはクルーやチームの結束という点でもかなり良いやり方だと思う。だから私は彼が人並み外れた人間だと思っている」

 フライとリカルドが今季共に仕事をすることはないが、アルピーヌにはリカルドの後任として、2度のワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが加入する。アロンソは2シーズンのブランクを経てのF1復帰となるが、フライとはマクラーレンやフェラーリで共に仕事をした経験がある。

 フライ曰く、アロンソは来たるシーズンに向けて入念な準備をしているという。

「彼はもちろんシミュレータにも乗っているし、たくさんのことに慣れようとしているんだ」

「そう言うと簡単なことに聞こえるが、彼は現代のパワーユニットの動かし方を学ばないといけないんだ。例えかつて乗っていたマシンと同じパワーユニットを積んでいたとしても、マシンが違っていればセットアップの仕方は全く異なるんだ」

「だから彼には学ぶべきことがたくさんあるが、彼はレースウィークでも報告や説明などに耳を傾ける人間だし、これまでにもチームにうまく溶け込んできた」

「今年のシーズン開始に向けてテストが3日しかないということを考えれば、できることは全てやらないといけない。それはマシンの走らせ方という点だけでなく、人々との働き方を理解するという点でもだ」