LM corsaが2021年のスーパーGT参戦体制を発表。車両をGR Supra GT、タイヤをダンロップに換え、新シーズンのGT300クラスに挑むことになった。

 大阪トヨペットグループを母体とするLM corsaは、昨年まではLEXUS RC F GT3を走らせてきた。しかし2021年シーズンはGR Supra GTに変更し、車両名は”SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT”となる。また昨シーズンはミシュランタイヤを履いたが、これも一昨年まで使っていたダンロップに戻すことになった。

 ドライバーラインアップは、吉本大樹と河野駿佑で継続。チーム代表は俣野俊典、チーム監督は飯田章が務める。

「今シーズンは、車両とタイヤをチェンジし国内最大の SUPER GT を舞台に シリーズチャンピオン目指して戦ってまいります」

 チームはプレスリリースでそう今シーズンに向けた意気込みを語っている。

 昨シーズンはドライバーズポイントで2ポイントの獲得に留まったLM corsa。新たな武器を手にどんな活躍を見せるのか、注目が集まる。