多くのF1ファンは、V12エンジンに今も幻想を抱いている。しかし実は、V12エンジンを駆るドライバーがチャンピオンを獲得したのは、過去ひとりだけ。1991年にマクラーレンMP4/6・ホンダを走らせたアイルトン・セナだけだ。

  その1991年シーズン、フェラーリは開幕前のテストで不気味な速さを示していた。しかしいざシーズンが開幕すると、新車642のパフォーマンスは期待されたほどのものではなく、シーズン後半にはさらなるニューマシン643を投入するに至った。

 マクラーレンにとって最大の敵はウイリアムズだった。彼らはエイドリアン・ニューウェイが設計したFW14に、ルノーの新しいV10エンジンRS3を搭載。優れたエアロダイナミクスとバランスに優れたエンジン、そしてセミオートマチックギヤボックスなどのハイテクデバイスを組み合わせ、速さを見せた。ただ初期トラブルが頻発し、シーズン序盤はナイジェル・マンセルとリカルド・パトレーゼの足を引っ張った。

 結果としてセナは、開幕4連勝。これには、ブラジルでの自身初の母国優勝も含まれていた。最後マシンはギヤボックスのトラブルに見舞われ、6速にスタックしてしまっていた。そんな状況でレースを走り切ったセナは体力を使い果たし、表彰台でトロフィーを掲げるのも身体中の力を振り絞らねばならなかった。