スーパーGTのGT500クラスに参戦するTGR TEAM SARDが、2021年の参戦体制を発表。2020年シーズン同様、ヘイキ・コバライネンと中山雄一のラインアップで戦うことを明らかにした。

 2020年は第5戦富士で優勝するなどし、最終戦までタイトル獲得の可能性を残していたものの、最終的にはチームランキング8位に終わったTGR TEAM SARD。今季はチーフエンジニアに昨年までサブを務めていた荒重憲を昇格させるなど、エンジニアリング体制を再構築。メカニックも人材を補強するなど、体制強化を図ったという。

 同チームのGTスープラをドライブするヘイキ・コバライネンは、「最終戦までタイトルを争える手応えを感じている」と、チームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「今季も世界的に非常に注目を浴びているスーパーGTで、この素晴らしいチームであるTGR TEAM SARDで戦えることに誇りを感じるとともに、とても感謝している」

 そうコバライネンは語った。

「3年目のタッグを組むユウイチ(中山雄一)さんと戦えるのはとても頼もしい。力強いイニシアティブを発揮してチームを引っ張ってくれる監督のジュイチ(脇阪寿一)さんの存在も頼もしい」

「エンジニアリング体制が再構築されたけど気心が知れたスタッフだし何も心配はしていない。富士のテストも色々と試せたし、すごく走り込めて良い今季最初のテストになった」

「今季も最終戦までタイトルを争える手応えを感じているから、チャンピオンシップが始まるのが今から待ち遠しい。ファンのみんなの熱い応援も楽しみにしているよ」

 チームメイトの中山雄一も、「もっと上へ」と3年目となるGT500でのシーズンに意気込みを語った。 

「昨シーズンは最後までタイトル争いができて1勝を挙げることができました。GT500クラス参戦3年目の今年はもっと上に行ける手応えを感じています」

 そう語る中山は、さらに積極的に戦うと前を向く。

「チーム体制面では寿一監督のもと、思いっきり走らせてもらえる環境ができていて、とても心強いです。今季はさらに積極的に挑戦し攻めていきたいと思い
ます」

「エンジニアリングの体制が再構築されましたが、しっかりと準備をして4月の開幕戦では力強さを見せられると思います。今季は応援していただいている皆様と、サーキットで一緒に笑顔で喜び合えるシーズンとなることを期待して全力を尽くしていきたいと思います。引き続き、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます!」

 チームを牽引する監督の脇阪寿一は、「チームの全員が輝ける環境を作りたい」と語った。

「昨シーズンからエンジニアリング体制を再構築、新たなメンバーも加わり、先ずは1月19-20日に富士スピードウェイにて無事に今シーズン初のテストを終えることが出来ました。昨シーズン中には出来なかった事を中心に色々試せましたが、課題は山積み。一つ一つ、精度を持たせながらクリアしていきたいと思います」

 脇阪監督がTEAM SARDを率いるのは、これが2シーズン目ということになる。

「また昨年は戦う毎に大きく強く成長していけましたが、まだまだですので、今シーズンはさらにドライバー、エンジニア、メカニック、チームスタッフが一体となって、それぞれが輝ける環境を引き続き造り上げていきたいと思います。今シーズンもTGR TEAM SARDの応援をどうぞよろしくお願いいたします」