フェラーリは1月末に、フィオラノ・サーキットでプライベートテストを実施する予定となっているが、そこではカルロス・サインツJr.以外にも育成ドライバーを含め計7人が参加することが明かされた。

 21日(木)、motorsport.comはフェラーリにセバスチャン・ベッテルの後任として加入するカルロス・サインツJr.が、プライベートテストで初めてフェラーリのF1マシンを走らせる予定であることを報じた。

 プライベートテストではレギュレーションによって最新型のマシンは使用できないため、2018年のマシンSF71Hが使われる。しかし冬季テストの日程が削減され、習熟のための機会が少なくなっている現状では、サインツJr.にとってレースクルーやチームとの作業に慣れる貴重な機会となるはずだ。

 23日にはフェラーリがサインツJr.のテスト参加を認めた。さらに5日間におよぶプライベートテストで、FDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)の育成ドライバーを含む計7人が参加すると明かした。

 サインツJr.は1月27日と28日の午前中、計1日半のスケジュールでSF71Hのステアリングを握る予定となっている。

 チームメイトとなるシャルル・ルクレールもサインツJr.に先駆けてこのテストに参加する予定。ルクレールは新型コロナウイルスに感染し隔離を受けていたが、そこからの復帰ということになる。

 更に2021年にハースからF1デビューを果たすミック・シューマッハーもこのプライベートテストへ参加。彼もサインツJr.同様に1日半のスケジュールでSF71Hを走らせる予定だ。

 そしてFDAからは、ジュリアーノ・アレジ、マーカス・アームストロング、ロバート・シュバルツマンの3人がテストへ参加する。アレジ、アームストロングに関しては、これがF1マシンを走らせる初めての機会となる。

 また昨年FIA F2で激しくシューマッハーとチャンピオンを争い、今年はフェラーリのテストドライバーを務めるカラム・アイロットもテストに参加する。

 2021年のF1プレシーズンテストは3月12〜14日にかけてバーレーンで実施予定。サインツJr.はこのプレシーズンテストで、最新型となるSF21をドライブすることになる。