マクラーレンは2021年のF1モナコGPで、スポンサーであるガルフオイルの特別カラーリングを纏ったMCL35Mを走らせることを発表した。モータースポーツの世界ではお馴染みとも言えるガルフオイルだが、そのフルカラーリングのマシンがF1を走るのは、これが初めてということになる。

 なおこのカラーリングは、1戦のみのモノとなり、ドライバーのレーシングスーツやヘルメット、チームウエアなども、このカラーリングに合わせたモノが用意される予定だ。

 このカラーリングを目にしたランド・ノリスは、次のように語った。

「F1の長い歴史の中でも、最もグリッド上で格好いいマシンだということに、誰もが賛同してくれるだろうね」

 そうノリスは語った。

「僕はザク(ブラウン/マクラーレンCEO)に、いつものカラーリングよりも良いと言ったよ。でも、彼はそう確信しているとは考えていなかったようだけどね……」

 チームメイトのダニエル・リカルドも、次のようにカラーリングについて語った。

「もちろん、とても気に入っている。格好いいよね。つまり、もうモナコに向けてワクワクするための別の理由はもう必要ないということだ。だから僕は自分自身をコントロールし、今週末に向けてエネルギーを節約しておかなきゃいけないね」

「でも、素晴らしいカラーリングだよ」

 ガルフオイルのロゴは、昨年からマクラーレンのマシンに掲出されている。しかし今回の”フルカラーリング”は、ファンからの要望が発端になったという。

 ガルフオイル・インターナショナルのCEOであるマイク・ジョーンズは、次のように語った。

「昨年(スポンサードすることを)は発表した時、ファンの反応は信じられないほどで、我々は驚いた」

「自らモックアップを描いたファンもいて、彼らはSNS上で『このカラーリングをやってみないか?』と言っていたんだ」

「そこでザクと私は、ガルフとマクラーレンの歴史について考え始め、我々にできることを調べ始めた。今回のことはそこから発展したのだ」

 現在のF1のレギュレーションでは、各チームのマシンはシーズンを通じて同じカラーリングで走ることが求められている。そのためマクラーレンは、今回の”ガルフカラー”を実現させるにあたっては、FIAとFOMの承認を得る必要があった。しかしブラウンCEOは、それについては問題なかったと語る。

「彼らは誰もがそれを気に入ってくれて、今回のことを承認してくれた」

 しかしブラウンCEOは、今回のカラーリングは1回限りのモノであり、マクラーレンの通常のカラーリングになることはないと語った。

「現時点では、モナコのみで走らせる予定だ」

「特別なカラーリングをするつもりなら、それは特別なモノにしておくと思う。ご存知のように、こういうことはF1ではそれほど頻繁には行なわれないことだ」

「ファンの反応を見て、非常にワクワクしている。モナコでのショーの、スターになると思うよ」