モナコとアゼルバイジャンの2戦連続で大苦戦を喫したメルセデス。その2戦でしっかりと勝利を手にしたのは、最大のライバルであるレッドブル・ホンダだった。

 しかしレッドブルもホンダもこの状況には満足せず、メルセデスは必ずや巻き返してくるはずだと気を引き締めている。

 メルセデスの2戦連続の低迷により、今やコース上での最速マシンはレッドブル・ホンダになった感がある。実際、ドライバーズランキングでもコンストラクターズランキングでも、レッドブルが首位に立った。レッドブルがランキング首位になるのは、実に2013年以来のことである。

 ただレッドブルとホンダは、メルセデスの巻き返しに警戒。その対策を怠っていない。

 チームのエースドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、アゼルバイジャンGPをパンクに起因するクラッシュによりリタイア。無得点に終わった。レース後、今後のサーキットではメルセデスが速さを増してくるのは間違いなく、”楽に”勝てるはずのレースを落としたのは痛手だったと語っていた。

 また母国オランダのZiggo Sportの番組に出演したフェルスタッペンは、次のようにも語っている。

「メルセデスは普通のサーキットでは強いと思うから、(アゼルバイジャンで)もう少し差を広げたかった」

 そうフェルスタッペンは語る。

「僕らは、彼らが普通のサーキットでは強いことを知っている。その時が来たら分かるだろう。マシンは本当に強力だったから、僕らはポジティブな週末にしなきゃいけなかった。レース中、誰も僕らの脅威になることはなかった。それは、ポジティブなことだけどね」

 チーム代表のクリスチャン・ホーナーも、モナコやアゼルバイジャンのような公道コースではなく、通常のサーキットに戻った時に、メルセデスとレッドブルの勢力バランスがどうなっているのか、それを知りたいと考えている。

「今、我々はより通常のサーキットに戻ろうとしている。そこでの勢力バランスを見るのはとても興味深い」

 そうホーナー代表は語っている。

 なおフェルスタッペンが満足しているのは、レッドブルがシーズンが進むに連れて徐々にパフォーマンスを向上させているように見える点だ。実際アゼルバイジャンGPでは、フェルスタッペンにパンクが起きなければ、1-2フィニッシュは堅かった。

 フェルスタッペンは、ホンダが前進したことを評価。次のように語った。

「今年これまでのところ、ホンダは良い一歩を踏み出したと思う」

 そうフェルスタッペンは語った。

「パフォーマンスは、(メルセデスと)非常に接近していると思う。ウイングのレベルなどが違うので、一概に言うのは難しいかもしれない。でも、徐々に近付いてきていると思う」

「パワーだけでなく、エンジンにおいて良くなければならない多くのことについてもだ。とにかく、僕らは常に良くなっている。それは素晴らしいことだ」

 なおホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターも、次のように語っている。

「データの部分はこれから見直すつもりですが、4台が予選Q3に進み、表彰台に2台を送り込めた。角田(裕毅/アルファタウリ)も入賞した。そういう意味では、我々の両チームのクルマ、そしてPUに関しては、今までと比べて進化したと感じています」

「ただ、メルセデスが黙っているわけはありません。当然巻き返しを図ってくると思います。今日の結果は良かったですが、だからと言って今後も良いとは限りません」