F1イギリスGPのスタート直後、複数のマシンが絡むクラッシュが発生。この事故によりアルファロメオの周冠宇のマシンは上下逆さまになった状態でターン1をコースオフしてしまった。

 スタート直後のクラッシュに関与したのは、前述の周をはじめ、ジョージ・ラッセル(メルセデス)、角田裕毅(アルファタウリ)、エステバン・オコン(アルピーヌ)、アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)の5台である。

 大きな事故であったため、当時のリプレイは放送されず、周の状況が心配されたが、チームはツイッターで、周には意識があり、サーキットのメディカルセンターで診察を受けていると報告した。それ以外のドライバーにも、怪我はないようだ。

 この事故の影響でレースは赤旗中断。全車ピットに戻り、レース再開を待っている状況である。なお事故によりダメージを受けたマシンのうち、角田とオコンは自力でピットに戻ることができたため、修復作業が行なわれている。

 レース再開の時刻などについては、まだ発表されていない状況だ。