2023年シーズンのMotoGP開幕戦ポルトガルGPで、ミゲル・オリベイラ(RNF)を巻き添えにする形でクラッシュしたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)に対し、FIMスチュワードパネルは次戦でのダブルロングラップペナルティを科した。

 マルケスは決勝レースの3周目、ターン4にかけて減速しきることができず、ホルヘ・マルティン(プラマック)と接触。バランスを崩した彼は、前方に位置していたミゲル・オリベイラ(RNF)にも接触し、クラッシュの巻き添えにしてしまった。

 この転倒は審議対象となっていたが、FIMスチュワードパネルはマルケスに対してペナルティを下すことを明かした。

 FIMはマルケスが”他の競技者に危険を与える無責任なライディングだった”と認定し、第2戦アルゼンチンGPでダブルロングラップペナルティを科すことを決定した。

 なおマルケスは転倒後の検査の結果、右手親指に骨折の可能性があると診断され、スペインの病院で詳しい検査を受ける予定となっている。

 第2戦アルゼンチンGPはわずか1週間後に予定されているため、もしマルケスがこのレースを欠場した場合には、第3戦アメリカズGPにペナルティは持ち越しとなる。