カタルニア・サーキットを舞台に開催されているF1第10戦スペインGP。初日を締めくくるフリー走行2回目ではメルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。RBの角田裕毅は15番手だった。

 気温25度、路面温度43度という温かいコンディションの中スタートした1時間のFP2。今回のグランプリにはアップデートを持ち込んできたチームも多く、この前に行なわれたFP1に続いて、マシンセットアップを煮詰めつつ空力パーツのチェックを行なうチームもいた。

 多くのドライバーが序盤にミディアムタイヤを履いて走行。ここでマクラーレンのランド・ノリスやメルセデスのジョージ・ラッセルなどが上位につけた。

 残り40分からはソフトタイヤでの予選想定プログラムがメインに。まずはフェラーリのカルロス・サインツJr.が1分13秒286で暫定トップに浮上した。その他のドライバーも1周のアタックで軒並みタイムを更新し、最終的にメルセデスのルイス・ハミルトンが1分13秒264でサインツJr.を上回った。

 セッション折り返しを過ぎると、多くのドライバーがロングランプログラムに移行。ソフトタイヤを履くドライバーとミディアムタイヤを履くドライバーに二分される格好となった。

 大きなアクシデントもなく1時間のセッションは終了。ハミルトンがFP2最速で初日の走行を締めくくった。2番手にはサインツJr.が並び、マクラーレンのランド・ノリスが3番手につけた。

 ここ数戦苦戦してきたレッドブル勢は、オーソドックスなカタルニアで本来の力を取り戻すかと思われたが、マックス・フェルスタッペンがトップ3だけでなくアルピーヌのピエール・ガスリーにも先行された5番手、チームメイトのセルジオ・ペレスが13番手と目立たないセッションになった。

 ただロングランでは、フェルスタッペンがユーズドのミディアムタイヤで1分19秒台中盤で走っており、悪くはなさそうだ。しかしハミルトンやノリスもユーズドのソフトタイヤで1分20秒台ながらも安定したペースをマークするなど、こちらも強力なライバルとなりそうだ。

 RBは角田が1分14秒211、ダニエル・リカルドが1分14秒257を記録して15番手と16番手。ロングランでもユーズドのソフトタイヤで1分21秒〜22秒台だった。2日目以降、どのポジションにつけることになるのか、注目だ。