『白い巨塔』岡田准一、自宅でオペシーンを練習! 満島真之介とPが語る撮影秘話

テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル『白い巨塔』 (c)テレビ朝日

 山崎豊子の傑作『白い巨塔』が岡田准一主演で5夜連続の大型ドラマになって登場する。昭和、平成と映像化された人気作の令和版。豪華キャストが競演するなかキーパーソンの医局員を演じる満島真之介を直撃。初共演した岡田や撮影についての熱い思いを激白!

主演の岡田と初共演
満島が感じた運命とは

 1965年、’69年に刊行された山崎豊子の長編小説『白い巨塔』。発表から50年たった今でも愛され、累計発行部数は600万部を突破。不朽の名作として何度も映像化され、主人公の野心家の天才外科医・財前五郎役は、田宮二郎や唐沢寿明ら名優が演じてきた。

 今作の主演は岡田准一で初めての医師役。財前と同期だが対極な考え方の内科医・里見役を松山ケンイチ、恩師だが、対立していく東教授役を寺尾聰、陰ながら財前を支える愛人のケイ子役を沢尻エリカらが演じるほか、豪華キャストが顔をそろえる。演出は『後妻業の女』『のみとり侍』の鶴橋康夫が担当する。

 作品は、前半が大学病院の教授選攻防、後半には医療裁判の行方が重厚感たっぷりに描かれていく。

「岡田さんとは初共演です。財前を演じるプレッシャーや責任感、葛藤もあったと思うけど、それさえ力に変えている先輩の背中を見られたことは幸せでしたし、自分もよりいい演技をしようという気になりました。今まで共演できなかったのは、今回出会うための運命だったと思っています。

 原作の『白い巨塔』は唯一、学生時代に読んだ山崎作品というのも運命を感じたので、オファーをいただいたときは(驚きすぎて)うれしいという感情の前に、夢見心地でした。

 この作品に参加できたことは、きっと何十年たっても思い出すはず。役者として分岐点になりました」

 こう話すのは、財前に憧れる医局員、柳原役の満島真之介。財前を慕う柳原だが、その関係性は物語とともに徐々に変化していく。

「柳原はいつも体制に引っ張られ、押さえつけられて葛藤するんですが、若い世代が生きていくうえでぶつかる葛藤を、鶴橋監督がしっかり描いてくれました。後半で柳原は財前と訣別しますが、僕はそれを単なる裏切りとは思いません。劇的なことが起きたけれど、柳原の心はブレてないんじゃないか、起きたことの狭間で見え隠れする愛情や無念さを大事に考えて演じました。

 撮影現場は愛にあふれていました。この作品に参加できた幸せを、みんなが思っていましたし、どんなに深刻なシーンでも、愛にあふれる撮影現場でした」


関連記事

週刊女性PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索