人気声優の小野賢章が、ラーメンを食べながら大号泣で読んだ小説

小野賢章

 幼少期から芸能活動を始め、映画『ハリー・ポッター』シリーズでは10年間にわたって主人公・ハリーの吹き替えを担当してきたのが小野賢章さんだ。実は変声期のころ、ハリー役の続投が危ぶまれていたという。

「実写でハリーを演じるダニエル・ラドクリフさんの見た目と、声変わりを迎えた僕の声に違和感があったら、キャストが変更になるところだったんです」

“小野賢章推し”になってくださいね(笑)

 そんな小野さんが「声優としての自分を広く知ってもらえた作品のひとつです」と語るのが、2012年にアニメ化された『黒子のバスケ』だ。小野さんは舞台版でも、アニメ同様に主人公の黒子テツヤを演じている。

「“声優”の自分がアフレコ現場で感じた熱や思いを、舞台の稽古場で“俳優”として伝えることに、僕がキャスティングされた意味があると思って取り組んでいます」

 アニメから舞台へパスをつなげられたのは、役者としてのキャリアもある小野さんだからこそだろう。

「同じ人物を演じていても、アニメはアニメの、舞台は舞台の魅せ方がある。一方の分野で学んだことが、もう一方の分野での表現に活かせるのでいい経験をさせていただいています」

 言葉のはしばしから謙虚さがにじみ出る。

「声優を応援するなら、“推しメン”を決めると楽しめると思います。推しメンをきっかけに、現実では味わえないさまざまな世界観を体験してみてください。この記事を読んでくれたみなさんは、ぜひ“小野賢章推し”になってくださいね(笑)!」

 まじめな表情から一変、満面の笑みを見せてくれた小野さんを、推さずにはいられない……!


関連記事

週刊女性PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索