宇野昌磨が逆転優勝! コーチ不在の選択で見えた「明確な覚悟」

宇野昌磨(2017年)  10月11日から13日にかけて行われたフィンランディア杯で、逆転優勝を果たした宇野昌磨(21)。今シーズン初のショートプログラムとフリーの両演技を行った宇野だったが、本人には反省が残る大会となったようだ。しかし今回の演技には、昨シーズンまでの彼には見られなかった、ひとりのフィギュアスケート選手としての“覚悟”があった―。

「今の練習から考えると、これ以上は望めない。まだスタート地点にも立てていない」

 宇野昌磨は、10月11日から13日に行われた、チャレンジャーシリーズのフィンランディア杯の試合後、自らの調整遅れを認めていた─。

 しかし、報道陣に対して悲壮感や悔しさをにじませることはなく「オフにバタバタしたこともあって、調整が間に合わなかった」と、淡々と語っていたという。

「異例のコーチ不在で臨む今季、初めてショートプログラムとフリーの両方を滑った大会でした。ショートプログラムが2位スタートで、なんとかフリーで巻き返して逆転優勝。しかし万全の状態であれば、3種類4度の4回転ジャンプを組み込むはずのフリーが、今回は2種類2度しか跳びませんでした」(スポーツ紙記者)

 全日本フィギュア強化合宿中の7月15日、宇野は「今シーズンはメインコーチをつけずに臨む」という異例の発表を行った。5歳のころから師事してきた山田満知子コーチと樋口美穂子コーチ兼振付師のもとを離れ、ひとりでロシアへと渡ったのだ。

「メドベージェワ選手やザギトワ選手を育てたエテリ・トゥトベリーゼコーチ主催の夏合宿に参加していました。想像以上の練習量で、“ついていくのに必死で、ひさびさに昔の気持ちを思い出した”と、手ごたえを感じているようでした」(同・スポーツ紙記者)

 “異例の挑戦”をしただけに、今回のフィンランディア杯では、宇野に注目が集まることとなった。

「合計得点は255・23点。“絶対王者”である羽生結弦選手の今季初戦である、オータムクラシックの279・05点から大きく離される結果でした。表現面などの演技構成点は高く評価されましたが、ジャンプは転倒するなどまだ安定しない状態です」(同・スポーツ紙記者)


関連記事

週刊女性PRIMEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る