岡江久美子さん

 静岡県熱海市。相模湾を見下ろす高台に建てられた2階建ての別荘に、久しぶりに真っ赤なベンツが止まっていた。

「先月、獏さんをお見かけしました。娘さんとお孫さんも一緒で、ワンちゃんも連れていました。岡江さんが乗っていた赤いベンツで来たんでしょうね。岡江さんが生きていたときは、夫婦でよくいらしていましたが、亡くなって以来じゃないでしょうか」

 岡江久美子さんが新型コロナの影響で急逝したのは、'20年4月23日のこと。突然の死から、まもなく1年がたつ。

 当時、夫の大和田獏は、入院中の妻を見舞うことも、死に立ち会うことも、火葬場に入ることも叶わなかった。無言で帰宅した妻の遺骨を玄関前で抱えることしかできず、それ以来、仕事以外は自宅にこもりがちに。そんな獏が3月末、冒頭の別荘に来ていたことを話してくれたのは、熱海の地元住民だ。

「岡江さんは熱海が大好きで、少しの休みがあれば自分で車を運転して来て、夜は近場でササッと飲んで、朝早くから大好きなゴルフを楽しんでいました。獏さんとふたりのときもあれば、女性のお友達と一緒のときも。きっと別荘には岡江さんの思い出の品が、まだそのままになっているんでしょうね」(前出住民)

夫・大和田獏は取材に車を止めて

 亡くなる2年ほど前から岡江さんが通っていたという『三松鮨』の女将も残念そうに言う。

「岡江さんは昨年1月にも来て、帰りがけに“今度はダンナも連れて来るね”って言っていたんです。楽しみに待っていたんですが、まさかその3か月後に亡くなるなんて」

 10年前から来ていたという定食屋『魚直』の店主は、

「ウチで刺身やアジフライを食べた後、ほかの店に飲みに出ることが多かったみたい。今でもあの元気な声で“食べに来たわよ!”って顔を出してくれそうな気がします」

 大和田家を知る友人が獏の近況を語ってくれた。

「獏さんは、表向きは元気にしていますが、それは“仕事だからやんなきゃ”と、自分を奮い立たせている感じです。37年間も連れ添った奥さんを失ったんだから、つらくないわけがない。別荘の名義やゴルフ会員権も、そのまま。久しぶりに別荘へ行ったのは、遺品整理ではなく、岡江さんとの思い出に改めてゆっくり家族と触れるためだったそうです」

 そこで週刊女性は獏本人に、今の心境を聞いてみることに。

 4月上旬、自宅の車庫からベンツを運転して出てくると、車をいったん止めて、取材に応じてくれたが、

「すみません、それは4月23日のイベントでお話しする予定ですので」

 と、答えるのみ。気づかうこちらを察してか、

「今は元気ですので、大丈夫です。どうも」

 と、頭を下げて、再び車を走らせて、去って行った。