個展会場での大谷。白い絵の具が隆起した絵は、大好きな“カフェラテ”をイメージしたもの

「初日、お客さん1人だったんですよね。あれって思って(苦笑)」

 元ハロプロ・『メロン記念日』のメンバーであった大谷雅恵。彼女は今、“芸術家への第一歩”として自身の個展を開催している。

 過去2度、『週刊女性PRIME』は大谷にインタビューを実施している。1度目の“生活保護の果ての自己破産”告白には、《自分に甘すぎる》《税金の無駄遣い》などという辛辣な声が彼女の元に多数届いた。

「私はこれがやりたかったんだ!」

 1度目のインタビューへの批判の声について語った2度目のインタビューには一転、《生活保護受給して何が悪いんだ?》《正当な権利》という“理解”の声も集まった。2度目の取材時、大谷は絵画などの芸術作品、以前より続けているタイダイ染めのアパレルなどを展示する個展の資金をクラウドファンディングで募っていた。目標金額は70万円。

「(募集期間の)最終日まで“お願いします! お願いします!”って言って、なんとかゴールするものだと思ってたんですけど、顔見知りのファンだけではなく、91人の方から支援していただきました。結果、最終日の3日くらい前にゴール出来ました。本当に感謝してます。生活保護の記事で私のことを知ってくださった方もいらっしゃいました」(大谷、以下同)

 途中経過時点では目標を達成するには厳しい数字であったが、結果的に集まった金額は目標を上回る118万円。目標の達成率は169%にも上った。

「ここまでいけるなんて思ってもいませんでした」

 現在、東京・吉祥寺で開催中の“大谷雅恵・個展”。彼女が描いた絵画が10数点、陶器、そのほかにタイダイ染めをほどこしたTシャツを中心としたアパレルが展示され、その場で購入出来る(個展の開催は8月7日まで。商品や個数は初日時点。以降は販売状況で変動)。

「初めての個展ということもあり、“自分らしさ”ってなんだろうって改めて考えました。これまで実物を見てもらう機会はありませんでした。やっぱりSNSにアップする平面の写真と実際に見るのとでは違うと思うので、会場に来てくれた方が見てくださったり、制作についてのお話が出来るだけで、“私はこれがやりたかったんだ!”と思いました」