(左から)山口百恵、安室奈美恵、井上陽水

どれだけ人気があっても訪れる「その時」──。結婚、病気など、さまざまな事情でマイクを置く歌手たちだが、「あと一度だけでも……」と思ってしまうのがファンの常。あなたの心の中で歌い続けている歌手は、誰ですか?

 2014年の『NHK紅白歌合戦』出演以来、表舞台にほとんど出ていなかった中森明菜が、YouTubeチャンネルで『TATTOO』のジャズバージョンを披露。再生回数は1か月で600万回を超え、変わらぬ存在感を見せつけた。そんな明菜と同じく4月に、81歳にして歌手活動の復帰を発表したのは橋幸夫。昨年、声の衰えなどを理由に引退を宣言してから1年弱──。

「みなさんのお許しをいただければ声が枯れるまで歌い続けたい」

 と思いを語った。一方、歌手の太田裕美は4月末に、脳腫瘍の治療と静養を理由に「当面の活動休止」を発表。年明けの復帰を目指しているという。

 健康問題や結婚、はたまた事務所とのトラブルなど、さまざまな理由で引退を宣言した歌手は大勢いるが、なかには何事もなかったかのように復帰する者、あるいはファンにひと言もなく、いつの間にか姿を消してしまった者もいる。

「もう一度あの人の歌を聴きたい……!」とあなたが復帰を熱望する歌手は誰? 今回は40代〜60代の男女を対象にアンケートを実施。1000人から回答を得た。

現役復帰してほしい歌手ランキング

 8位にランクインしたのは、4月末に復帰を発表したばかりの氷川きよし。24年間所属したプロダクションから独立。新会社を設立し、満を持しての再出発だ。

「美しく変化した姿を見てみたい」(茨城県・女性・51歳)

 など復帰を歓迎する声が続々。芸能評論家の宝泉薫さんは、

「本来の自分をさらけ出したいと思いながらずっと“氷川きよし”を演じ続け、すでに46歳。本人としてはもう少し早く、せめて30代で路線変更したかったのでは」

 と話す。演歌界のプリンスとして長年不動の地位を築いてきた氷川だが、'19年に週刊誌のインタビューで、

「本当の自分を出さないように生きてきた」

 と発言。これまでの歌手としての“スタイル”に悩んでいたことを告白した。

「例えばカルーセル麻紀さんやピーターさんは、“多様性”なんて言葉もないときからバッシングをものともせず、堂々と自分を表現していました。氷川さんは前事務所の意向もあり、それができなかったのかもしれませんが、本当の自分を隠しながら切なく女性の心を歌い上げる姿もある意味、不思議な魅力がありました。今後の新たな活動に期待です」(宝泉さん、以下同)

 6位は同率で2人。まずは冒頭でもふれた太田裕美。

「私にとって『木綿のハンカチーフ』は歴代歌謡曲のナンバーワン」(京都府・男性・63歳)など、特に50代〜60代の男性の支持を集めた。

 もう1人は、'80年代アイドルの代表的存在でもある河合奈保子。1996年に結婚を機に芸能活動を休止。それ以来公の場に姿を見せていないが、家族でオーストラリアに移住している様子が'10年に週刊誌で報道された。

「西城秀樹の妹分ということで注目していました。初めてレコードを購入した女性歌手です」(宮城県・女性・57歳)などの声が。

「男性より女性からの支持が高かったことが意外。近況すら報じられないところがミステリアスですし、同じ女性としてどんなふうに年齢を重ねているのか、興味をそそられる部分があるのでは」