華原朋美

  歌手でタレントの華原朋美が5月29日に更新したInstagramで“元カレ”である音楽プロデューサーの小室哲哉への思いを長文で記した。

 華原は小室へのロングインタビューをまとめた書籍、神原一光『WOWとYeah小室哲哉起こせよ、ムーヴメント』(小学館刊)の書影をアップ。

「小室さんありがとう」

 さらに「小室哲哉様の華原朋美への楽曲への思いや作業など、華原朋美の知らないところで沢山の事を動かれていた事が物凄くよく伝わりました。今となっては小室哲哉様が華原朋美へ作って頂きました曲を、コンサートやテレビで歌わせて頂く機会も多く、小室哲哉様には心から感謝の気持ちです」となんとも“丁重”な文体で感想を綴っている。

 華原は「#小室哲哉さんまた起きたよムーブメント」といったハッシュタグとともに「小室さんありがとう」とメッセージを締めている。

 華原はグラビアアイドルを経て1995年に小室哲哉プロデュースで歌手デビュー。この時、芸名を遠峯ありさから、小室と同じイニシャルT.Kを持つ華原朋美に改名している。小室の恋人であるとも公言し話題となった。

 だが、両者の関係は98年12月に破局。その後の華原は自宅でガス中毒で倒れたほか、芸能活動の休止と再開を繰り返すなど“紆余曲折”な人生を送ってきた。

 華原にとって小室との蜜月時代は“人生の黄金期”でもあるだけに、ネット上ではまだこの時代と小室に未練があるのではというツッコミが殺到してしまった。