大谷翔平

 6月12日、MLBのロサンゼルス・ドジャースに所属する大谷翔平を巡って、『週刊現代』が報じた“出禁処分”は大きな話題となった。

報じられた大谷の怒り

「記事によれば、フジテレビと日本テレビがドジャースから貸与されている“取材パス”を凍結され、大谷選手の過去の映像や写真を使用しないよう通達されたとのことでした。その理由として指摘されていたのは、大谷選手の“豪邸取材”。

 5月に12億円の新居を購入したと米メディアに報じられると、この2社は現地取材を行い、近隣住民に話を聞き、自宅を空から撮影するなどしていましたが、どうやらこれが大谷選手の怒りに触れてしまったようなんです」(スポーツ紙記者、以下同)

 フジと日テレによる現地取材は、放送当時からプライバシーの侵害だと非難する声も数多く寄せられていた。それが大谷の耳に入ったということなのだろうか。

 両社にとって大谷への直接取材ができないこと、過去素材を使えないことが大きな痛手であることは間違いない。民放では、朝から夜まであらゆる情報番組で大谷のニュースを取り上げており、“大谷ハラスメント”と揶揄されてしまうほど欠かせない存在であった。

『週刊現代』の取材に対してフジと日テレは明言を避けたものの、これからしばらく大谷の名前が登場することはなくなる……かと思われたが、

「報道では、6月9日に日テレで放送されたスポーツ特番で大谷選手に関する映像の差し替えがあったとされていました。しかし、この日以降の『めざましテレビ』『Live News イット!』『news every.』『ミヤネ屋』などで、大谷選手の試合結果を“映像付き”で取り上げられていたことが確認されています」