J-JUN(ジェジュン)撮影/矢島泰輔

 いまやアイドルの新人発掘と育成も手がける個人事務所iNKODEの所属アーティストであり、最高戦略責任者となった。背負うものが増え、これまで以上に多忙を極めている。さらに、今年はデビュー20周年を祝う企画を次々に発表。そのひとつが6月26日、約2年ぶりに韓国でリリースされるフルアルバム『FLOWER GARDEN』だ。

デビュー20周年フルアルバム『FLOWER GARDEN』

「いままで発表したアルバムの中で一番多い14曲を収録する予定です。しかも、そのすべてが新曲。ジャンルも幅広いですし、楽曲制作にはたくさんのアーティストが参加してくれました。意外な名前に驚かれる方も多いと思います」

 韓国の国民的バンド・YB(ユン・ドヒョン・バンド)のユン・ドヒョン、爆発的な歌唱力のガールズグループ・MAMAMOOのムンビョル。そして、“サムライ ギタリスト”として世界から愛されるアーティストのMIYAVIと、幅広いジャンルの実力派たちが集結した。

「僕の20年の成長を感じていただけるアルバムになっていると思います。それは、ジャケット写真を見ていただいてもわかるはず。デビュー当時の髪形に挑戦しました(テレ笑い)。めちゃ恥ずかしかったんですけど、面白い作品になっているので、ぜひ注目していただきたいです」

 7月20、21日の韓国・ソウルでのコンサートをスタートにアジアツアーが開催される。日本では、7月27、28日に神奈川・ぴあアリーナMMで、8月24、25日に兵庫・ワールド記念ホールでのジャパンツアーが決定した。

「以前から話していますが、日本は僕の第二の母国だと思っています。数えきれないくらい来ている、特別な場所。コンサートでは、新曲すべてを披露する予定です。韓国でリリースしたアルバムでのライブは、10年ぶりくらいになるんじゃないかな。すごく久しぶりです。メロディーを聴くだけで自然と身体が動くような曲もたくさんあるので、みんなで楽しめたらと思っています」

 自身のジャパンツアーの直前、7月13〜15日に茨城・国営ひたち海浜公園で開催される音楽フェス『LuckyFes2024』へ、昨年に続き参加を発表。

「もしかしたら、一番に僕の新曲を聴くことができる“ラッキー”な場所になるかもしれません(笑)。このフェスのあとのジャパンツアー以降も20周年企画をいろいろと考えています。まだお話しできないのですが、期待して待っていてください!」