Ado(公式サイトより)

 “新時代の歌姫”とついに触れ合うことができるのかーー。

 2ndオリジナルアムバム『残夢』のスペシャル応募抽選企画として、公式HPで初の「握手会」開催決定を発表したAdo。“歌い手”としてのデビュー以来、素顔を見せることがない、どこか遠い存在だった彼女と“接見”できる機会到来だ。

 握手会が開催されるのは2024年10月の2日間、都内某所の会場が知らされるのは計1000人の当選者のみ。応募殺到のプレミアチケットになること必至。

 しかし、2023年末に初出場したNHK紅白歌合戦や、4月に国立競技場で開催されたライブでも伺える通り、パフォーマンス披露時にはシルエットのみが映し出される“箱の中”が定位置のAdo。

 そして今回の握手会も斬新な“演出”が用意されている。HP上のイメージ図によると、参加者は大きな箱の前に立ち、わずかに空いた丸い穴に手を突っ込んで入れる。すると箱の中で待機するAdoが握手をしてくれるというもの。

 バラエティー番組の企画でよく見る「箱の中身は何だろな」とでもいうべきか、現時点ではAdoと箱越しに対面はするものの、顔が見えない状態で握手をすることになりそうだ。彼女のコメントとして、

信じて貰えるように頑張ります!

「ついに私がずっとやりたかったイタリアにある真実の口方式での握手会の実現です!本当に私が箱の中に入ります!信じて貰えるように頑張ります!信じて応募してください!!」

 映画『ローマの休日』で一躍有名になった、イタリア・ローマにある石の彫刻『真実の口』に例えて、“握手した人”の姿は見えずとも、「信じて貰えるよう」「信じて応募」と“真実”になることを訴える。

 この“新時代の握手会”が発表されると、SNS上では《楽しみ》《応募する》と心待ちにするファンがいる一方で、