河野景子、貴乃花光司

 元第65代横綱・貴乃花光司と元フジテレビアナウンサー・河野景子の次女で女優の白河れいが、6月20日に自身のInstagramを更新。テレビ番組出演後のオフショットを披露した。

キャッチフレーズは“9等身美女”

 白河は16歳から2年間オーストラリアに留学し、高校まで学業に専念していたが、大学入学後の2021年4月、両親の名前を明かさずにオーディションサイトに登録。翌月には芸能プロダクションのスペースクラフトに所属が決まり、2023年1月から『ぽかぽか』(フジテレビ系)の月曜レギュラーとして芸能界デビューを果たした。キャッチフレーズは“9等身美女”だ。

 現在、『ぽかぽか』の木曜レギュラーを務めている白河は、生放送終了後、着用していた白のタンクトップにデニム生地のチューブトップを合わせた衣装のまま撮影したオフショットを投稿。《#ぽかぽか 両グループの皆さんの夢に向かって突き進む姿からたくさんの勇気とパワーをいただきました。今日はとても感動してしまいました》と番組出演の感想をつづった。

 Instagramのコメント欄には、《超可愛いいじゃん!れいちゃん》《どんな表情しても宇宙一かわいいの真面目に意味わからない、どういうこと…?》《「世界一ノースリーブ選手権」があればチャンピオンだな》などの好意的な意見が並んでいる。

 一方で、ネットニュースのコメント欄では厳しい声が目立つ。

《9頭身どころか8頭身もない感じだし》
《お兄さんに似てるのがなぁ… あかんわけじゃないが、どうもお兄さんのマイナスイメージとオーバーラップするのです》
《まだまだ売れてないけどこの方より可愛い子はいっぱいいます。親のおかげで仕事出来てるだけ》
《いくら頑張ってもさほど売れる逸材とは考え難い》

 白河は2023年8月に放送されたドラマ『僕たちの校内放送』(フジテレビ系)にゲスト出演し、1月から3月まで放送されていたドラマ『婚活1000本ノック』(フジテレビ系)にレギュラー出演していた。その演技は評価されているが、ネットニュースのコメント欄で批判されている理由があるという。