エネイブル、復帰戦の選択肢にG2ブランドフォードSが浮上

エネイブル、復帰戦の選択肢にG2ブランドフォードSが浮上

 昨年のG1凱旋門賞を制して以降は脚部不安などで休養を続けている4歳牝馬エネイブルが、現地9月16日に愛カラ競馬場にて行われるG2ブランドフォードステークス(牝馬限定、芝10ハロン)に登録したことが分かった。

 ちなみに、この前日には愛レパーズタウン競馬場でG1愛チャンピオンステークス(芝10ハロン)が予定されており、エネイブルはそちらにも登録を済ませている。J.ゴスデン調教師は今年になってまだ一度も走っていないエネイブルの秋のローテーションについては、さまざまな選択肢があると話していた。

 なおゴスデン厩舎からは、英G1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスで3着と好走したコロネット、2戦2勝の超良血3歳馬ラーティダーもブランドフォードSにエントリー済み。その他、ゴドルフィンのUAE1000ギニー馬ウィンターライトニングや、A.オブライエン厩舎のロードデンドロンにハイドレンジアといったG1馬も名を連ねている。


関連記事

おすすめ情報

JRA-VAN Ver.Worldの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索