凱旋門賞連覇のトレヴに3番仔、父は仏オークス馬ら輩出のシユーニ

凱旋門賞連覇のトレヴに3番仔、父は仏オークス馬ら輩出のシユーニ

 現役時代に日本の三冠馬オルフェーヴルらを破って仏G1凱旋門賞を連覇した名牝トレヴが、現地13日に3番仔を生んだことが分かった。米競馬メディア『bloodhorse.com』が報じている。

 この当歳馬はシユーニ産駒の牝馬。シユーニは昨年の仏オークスなどG1を5勝のローレンスや、2015年の仏1000ギニー馬エルヴェディヤなどを出している。

 トレヴはこれまでに、ドバウィ産駒でA.ファーブル厩舎に入厩済みの2歳牡馬と、シャラー産駒の1歳牝馬を出産。今年は自身と同じ凱旋門賞の勝ち馬で、2016年の英愛ダービー馬ハーザンドの父でもあるシーザスターズとの交配を予定している。


関連記事

おすすめ情報

JRA-VAN Ver.Worldの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索