ディープ産駒の2歳牝馬サヴァラン、次走は凱旋門賞当日にG1挑戦

ディープ産駒の2歳牝馬サヴァラン、次走は凱旋門賞当日にG1挑戦

 デビュー2連勝で現地8日の仏G3オマール賞を制したディープインパクト産駒の2歳牝馬サヴァランが、10月6日の仏G1凱旋門賞当日にパリロンシャン競馬場にて行われるG1マルセルブーサック賞に挑戦することが分かった。

 サヴァランは母に仏オークス馬サラフィナ、全兄に昨年の仏G3メシドール賞を勝ったジェニアルを持つ日本生まれの良血馬。

 A.ファーブル調教師は「マルセルブーサック賞に行く。彼女には何も悪いところはない。いい動きをする愛らしい牝馬だ」と話している。


関連記事

おすすめ情報

JRA-VAN Ver.Worldの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索