現地21日にピムリコ競馬場にて行われる米クラシック第2戦、G1プリークネスステークス(3歳、ダート9.5ハロン)の枠順が確定。前売り1番人気に推されているエピセンターは9頭立ての8番枠に入った。

 S.アスムッセン厩舎のエピセンターはG1ケンタッキーダービーで1番人気に推され、ゴール前でいったんは先頭に立ったもののリッチストライクの強襲にあって2着だった。

 そのほか、G1ケンタッキーオークスを制した牝馬のシークレットオースは4番枠。4月のG2ウッドメモリアルステークス2着以来となるアーリーヴォーティングは5番枠、KYダービー4着のシンプリフィケーションは1番枠に入った。

 なお、KYダービーで大波乱を起こしたリッチストライクは、三冠最終戦のG1ベルモントステークス直行を選択。また2月にG2レベルステークスを制したウノーホは脚の打撲で出走を見合わせた。日本からKYダービーに挑戦したクラウンプライドはすでに帰国している。