田中将大、地元紙が「タナカに導かれて、ヤンキースが地区優勝を決める」と報道

田中将大、地元紙が「タナカに導かれて、ヤンキースが地区優勝を決める」と報道

ヤンキースの田中将大は現地19日、本拠地でのエンゼルス戦に先発して7回4安打1失点と好投を見せ、今季11勝目を挙げるとともに、チームを2012年以来となる地区優勝へ導いた。

◆試合結果
LAA|0 0 0 1 0 0 0 0 0|1
NYY|0 3 0 1 0 2 0 3 X|9

地元紙『ニューヨーク・ポスト』は同日付で電子版に掲載した試合の速報記事に、「ヤンキースが輝かしいマサヒロ・タナカに導かれて、2012年以来となるア・リーグ東地区優勝を決める」と題し、ポストシーズンへ向け、復調振りを見事に印象づけた右腕の投球を次のように報じた。

「ポストシーズンで対戦する可能性のあるカーディナルス、ブレーブス、レイズ、インディアンズ、そしてドジャースのスカウトを前に、マサヒロ・タナカ(11勝8敗)は7回を投げて4安打1失点とした。

タナカは先発した直近5試合を、1勝2敗、防御率4.28とし、これには8月27日にマリナーズに対し7回を無失点に抑えた試合も含まれていたが、今回はタナカにとってそのとき以来の勝利となった」。

また、『MLB.com』はヤンキースの地区優勝を伝える記事の中で、「タナカ・タイム」とサブタイトルをつけ、田中について次のように伝えている。

「18勝投手のドミンゴ・ヘルマンを欠いたまま、ヤンキースはポストシーズンを迎える見通しとなるなか、タナカは直近2試合の不安定な先発からのリバウンドを遂げ、7回を投げて被安打4とし、失点をコール・カルフーンへのソロホームランのみとして、その懸念を払拭した」。

「今のマサはとても好調だと思う」とブーン監督は述べた。「彼のスプリットはとても良かったと思う。彼による見事なパフォーマンスであり、とても良く試合をコントロールしていた。彼のスプリットは現実的な要素だった。あれは本当に鋭かったと思う」。

「タナカはこれまで通りの仕事をした。彼は屈しなかった」とエンゼルスのブラッド・オースマス監督。「彼は打者の攻撃的姿勢を上手く利用した。攻撃では、彼の出方を待たなければならないが、それは難しいこと」。

遂に「ポストシーズンのキング」が、10月モードに入ったようだ。


関連記事

J SPORTSの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索