【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 1】ミニインタビュー:竹内譲次(アルバルク東京 #15)

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 1】ミニインタビュー:竹内譲次(アルバルク東京 #15)

9月17日のイラン戦で代表活動が終わってアルバルク東京に戻った竹内譲次は、チームに合流してすぐにアジアチャンピオンズカップ出場にためにタイ・バンコクに遠征。6日間で5試合をこなして帰国した後、中2日でサンロッカーズ渋谷とのB1開幕戦を戦う厳しいスケジュールに直面した。
 初戦は4点に終わったものの、オフェンスで積極的だった2戦目は14点、7リバウンドで勝利に貢献。大学生のころ、ジェリコ・パブリセビッチが率いる日本代表で厳しい練習と遠征を経験していた竹内は、今後につながるポジティブな要素として捉えている。

Q 厳しい日程の中で2つ勝てたことについてどう感じていますか?
竹内「もちろん勝ちたかったですけど、結果はあまり考えず、チームに合流して間もないので、アジアチャンピオンシップを通して代表からアルバルクにできるだけシフトして試合に臨めればと思っていました。結果が出たのはすごく嬉しいです」

Q この週末の2試合で気をつけてプレーしていたことは?
竹内「コーチから言われていたのは(ロバート)サクレのインサイドと、ベンドラメ礼生のピック&ロール。(ライアン)ケリーに対しては情報がなかったので対策できなかったのですが、コーチも今回は相手どうこうよりも自分たちのバスケットをすることが重要だと言われていたので、そこに関しては結果が出ました。でも、満足することなく、まだまだファイナルのような出来じゃないので、もっと練習からしっかり、僕や田中(大貴)や馬場(雄大)もシフトしていかなければならないと思います」


関連ニュースをもっと見る

関連記事

J SPORTSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索