帝京、早稲田との全勝対決を制し開幕5連勝。ラグビー関東大学対抗戦

帝京、早稲田との全勝対決を制し開幕5連勝。ラグビー関東大学対抗戦

関東大学対抗戦5戦目は全勝対決となった早稲田大学との一戦。会場の秩父宮ラグビー場には不安定な天気にも関わらず、多くのラグビーファンが訪れた。注目の一戦は帝京大学が45-28で制し、開幕から5連勝を飾った。

夏の菅平合宿で早稲田大に14-28と負けているだけに、「リベンジ」の意識もあったこの試合。「深紅の王者」はこれまで以上の気迫を試合開始時から見せていた。

早稲田大のキックオフで開始されたこの試合。開始直後に、相手の粘り強い攻撃でフェイズを重ねられるも、低く突き刺さるタックルを連発。

一時は自陣5m前まで侵入されたが、最後は主将でLO(ロック)秋山大地(4年=つるぎ)のディフェンスで相手のミスを誘い、ピンチを脱した。

その後の前半6分、相手の反則などで敵陣に進むと、SO(スタンドオフ)北村将大(まさひろ)(2年=御所実)が素早く左へ展開。

WTB宮上の先制トライ

CTB(センター)尾崎泰雅(2年=伏見工)にボールを回すと、相手に掴まれながらもオフロードでWTB(ウィング)の宮上廉(3年=佐賀工)へパスがつながり、そのままトライ。キッカーの竹山晃輝(4年=御所実)のゴールも決まり、重要な先取点を獲得した。

この先取点で流れをものにした帝京大は、13分にも敵陣ゴール前で粘る相手ディフェンスに対し攻め続け、最後はPR(プロップ)淺岡俊亮(4年=京都成章)がトライ。ゴールも決まり、14-0とした。

さらに19分、今度はFW陣が相手を圧倒する。敵陣ゴール前5mのスクラムでは、猛プッシュで前進すると最後はNO8(ナンバーエイト)のブロディ・マクカランがトライ。そして、31分にも同様のスクラムトライを奪ってみせた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

J SPORTSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索