サンウルブズ、ワールドカップイヤーの体制発表

サンウルブズ、ワールドカップイヤーの体制発表

11月27日、東京都内のホテルで、2019年にスーパーラグビーに参戦して4シーズン目となるサンウルブズ(オーストラリアカンファレンス所属)が、「2019年シーズンチーム発表記者会見」を行った。

現在決まっている29名のスコッド、新しいスローガン、新しいジャージーなどが発表された。

2019シーズンから、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)に代わって新しく指揮を執ることになったトニー・ブラウンHC、サンウルブズを統括するジャパンエスアールの渡瀬裕司CEO、日本代表HC兼チームジャパン2019総監督であるジェイミー・ジョセフ氏の3人が登壇した。

まず、渡瀬CEOが「サンウルブズは2019年ワールドカップに向けて日本代表強化の役割を担ってきたが、いよいよ勝負の年(2019年)となりました。日本代表のリンクしながら結果を出していかないといけない。よりいっそう、引き締めていきたい」とコメントした。

今年はスーパーラグビーを戦うサンウルブズのヘッドコーチではなく、外からマネジメントしていく立場となったジョセフ総監督は、「サンウルブズは日本代表強化に必要不可欠な存在です。1年前、私とブラウニー(トニー・ブラウン)がサンウルブズを率いる決断をしました」。

「それなくして日本代表の育成はできないと考えたのです。サンウルブズを指導したことにより、6月に(日本代表)イタリア代表、ジョージア代表を破り、11月の秋のツアーなどでもそれが顕著に現れ、強化を加速させることができました」。

「スーパーラグビーはタフな大会ですが、強度の高いラグビーという非常に貴重な経験ができます。2019年、いよいよ大事な本番を迎え、いいチームを形成できたと思います」とサンウルブズの必要性と、その意義をあらためて説明した。

今年からヘッドコーチに就任したブラウンは「2019年はとてもエキサイティングです。千葉の市原に拠点を持ちます。ハイパフォーマンスに特化した施設だと聞いていますが、このような環境を選手に提供することが必要だと考えています」。

「さらにシンガポールの開幕戦(2月16日、シャークス戦)の前にオーストラリア合宿、別府合宿も行います。2019年シーズンは昨シーズンよりもいいパフォーマンスを出し、オーストラリアカンファレンスでもっといい成績出せるチーム力はあると思うので、プレーオフを目指したい」と意気込みを語った。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

J SPORTSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索