「デニーズ秋葉原店」(写真はツルミロボ(@kaztsu)さんから)

JR秋葉原・電気街口にある「デニーズ秋葉原店」(千代田区外神田)が2021年7月8日15時をもって閉店する。

6月21日、デニーズを運営するセブン&アイ・フードシステムズの広報担当者はJタウンネット記者の取材に対し、「諸般の事情により閉店という形になります」と回答した。

SNS上では、閉店の知らせを聞いたユーザーから、惜しむ声があがっている。

「コミケの帰りここで食べたの懐かしい」

03年11月にオープンした「デニーズ秋葉原店」。

神田川に架かる昌平橋方面に位置する建物の2階にある。1階は、東洋計測器の「計測器ランド本店」だ。

外観(写真はツルミロボ(@kaztsu)さんから)

24時間営業で、年中無休。秋葉原という土地柄、イベント終わりに終電を逃した人たちが集うことも少なくない。 ツイッターで秋葉原の情報を発信しているツルミロボ(@kaztsu)さんは、自身のブログ「ツルミロボBlog」にて、「夜をここで明かしたひとも多数『デニーズ秋葉原店』が7/8閉店」と題し、

「深夜のデニーズは元気に夢を語るひとと、ここで夜を明かすためひたすら無になっているひと。そんなひとたちでにぎわう場所だったように思います」

と綴っている。Jタウンネット記者も、コロナ禍前までは毎週訪れていた。大好きなファミレスだ。

閉店することを知ったユーザーからは、SNS上に

「コミケの帰りここで食べたの懐かしい」
「コミケの前日に集まったの懐かしいなぁ」
「ここだいぶお世話になったから悲しい」
「アイドルのライブ観た後によく利用しましたね」
「よく秋葉原でゲーセン閉店まで行って、ここで夜を過ごしたなあ。 寂しい」
「まだネカフェも漫喫も無かった学生時代、アキバ散策した時は友達と必ずここで昼飯という流れが定番でした...なくなってしまうのは悲しいです」

などと惜しむ声が上がっている。