あんな客を放置する鉄道会社にはガッカリです――。

東京都在住のIさん(仮名、40代女性)から、特急電車内での体験談がJタウンネット編集部宛に届いた。

茨城県に遊びに行った帰り。Iさんが予約した指定席に向かう、酒を飲んでいるサラリーマン風の男性が2人、並んで席に座っていた。

「あの、席が間違いでは...?」

そう声をかけながら彼女が男性らにチケットを見せると、返ってきたのは思わぬ反応。

そのことがあって以来、Iさんは茨城を訪れていないという。

いったい、何があったのか。彼女からの投稿を、見ていこう。

1人がチッと舌打ちをして...

茨城県の有名な花火大会に行った、その帰りの電車内で体験したできごとです。

花火大会は規模も大きく、素晴らしかった。でもとても混んでいて、帰るために駅にたどり着くのも大変でした。人混みでしばらくは動けなかったほどです。

本当は一泊していく予定だったのですが、泊めてくれるはずだった友人宅が、家の事情で急遽NGに。

私は仕方なく特急電車を使って都内に戻ることにしました。

夜遅く、周りは酔った人ばかりということで不安もあり、慣れない私は指定席券を購入したのですが......。

自分の指定席に向かうと...(画像はイメージ)

やっと席に辿り着いたところ、そこには日本酒を飲むサラリーマン風の男性が2人並んですでに座っていました。楽しんでいるところ、申し訳ないという気持ちでしたが、

「あの、席が間違いでは...?」

とチケットを見せると、1人がチッと舌打ちをして、2人ともスッと立ちました。

2人とも、指定券を持っていなかったわけです。

秋の花火大会を見た帰りだったので寒さでこごえ、体調もすぐれず疲れきっていた私は、自分の席に座り持っていた本を読み始めました。

「指定券なんて買って座るの馬鹿じゃないか」

するとその2人は私のそばに立ちました。

そのうち1人のおじさんが私に向かってずーっと話しかけてきます。

「こんな本読んで理解できるのか?」
「さっきから全然ページが進んでないぞ」
「指定券なんて買って座るの馬鹿じゃないか」
「ずっと俺の言葉きいてるんだろ、なんか言えよ本なんか読んでないくせに」
「女のくせに」
「おんなが本読んでさ」
「お、やっとページめくったよ」
私の指定席なのに、どうして...

もう片方の男性は酔いながらも、

「もうやめなさいよ、仕方ないよ」

と2回ほど言っていましたが、結局終着駅まで、嫌がらせが途切れることはありませんでした。

それからというもの、私は一度も茨城県を訪れていません。

あんな客を放置する鉄道会社にはガッカリです。素晴らしかった花火の思い出に、ケチがついてしまいました。

「のりもの」で体験した「モヤモヤ体験」ありませんか?

指定席券を購入し、自分の席に座っただけなのに。彼女の怒りと恐怖はどれほどのものだっただろう。

新幹線や電車など、公共交通機関に乗車した際、トラブルに遭遇したことがある人はいるだろうか。そんな体験談をJタウンネットでは募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的なエピソード(どんなことにイラッとしたのかなど、500文字程度〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。