お寺の掲示板はしばしば、「標語」が書かれた紙が貼られている。

仏教の教えだったり、有名人の言葉だったり、時には漫画のセリフだったり、その内容は様々だ。

中には「どういうこと?」と不思議に思い、立ち止まってしまうような標語もある。

どういう意味?(画像は栃木県@0s2k3さんのツイートより)

こちらは、栃木県で自営業を営むツイッターユーザー・栃木県(@0s2k3)さんが2022年6月23日に投稿した写真だ。

善願寺という寺の掲示板の中には

「ご飯
みそ汁
パンに
牛乳
あなたも
何かが」

と書かれた白い紙が。投稿者の栃木県さんは、写真に「ぜんぜんわかんない」とコメントを添えている。

これは一体、どういう意味を持った標語なのだろうか?

そんなモノがあるのかよ...

Jタウンネット記者は23日、まずは栃木県さんに話を聞いた。栃木県さんが「標語」を見つけたのは21日、場所は宇都宮市にある善願寺というお寺だ。

「散歩をしていた所、お寺さんの境内に建つ大きな大仏が目に入り、近づきました。その際、この標語を見つけました。意味が理解できず、発見後、何度も読み返しました。
インパクトが強く、発見後2日経った今でも頭から離れません。意味を考え続けています」(栃木県さん)

たしかに、一度見たらなかなか忘れられそうにない文章だ。Jタウンネット編集部内でも、「ご飯と味噌汁、パンと牛乳がピッタリの組み合わせであるように......ってこと?」「ご飯、味噌汁、パン、牛乳のそれぞれに違う良いところが有るようにって意味......?」などと困惑が広がった。

そこで記者は5日、標語について善願寺の住職に話を聞いてみることに。

「(この標語は)実は私が書いたものではなくて、市販のものなんです。色々な標語が書かれた紙が30枚ほど束になって売られていて、それを買って、寺の境内の入り口にある掲示板に掲示しています。おおよそですが、半月に一回ほどの頻度で別の標語に貼り変えています」(住職さん)
市販の標語があるの...!?(画像は再掲)

まさか、市販されていたとは――という驚きは今はいったん置いておいて、善願寺が掲示板に標語を貼り始めた理由については、「先代の住職がしていたから引き継いでやっていることで、特に深い意味はない」とのこと。

気になる「ご飯 味噌汁 パンに 牛乳 あなたも 何かが」の意味については

「特に、私たちの方から『こういう意味なんだよ』と答えを提示することはありません。標語を見た人たちが、それぞれの心の内で『こういう意味なのかなぁ』と受け止めていただくのがいいのではないかと思っています」

と説明した。読者の皆さんは、この標語を見てどんな「意味」を感じただろうか?