シリーズ読者投稿〜あの時、あなたに出会えなければ〜 投稿者:さとうさん(千葉県・30代女性)

その日、さとうさんはまだ1歳になる前の娘と一緒にディズニーランドで遊んでいた。

その帰り、混雑した電車の中でベビーカーが倒れてしまって......。

赤ちゃんを連れて遊んだ帰りに...(画像はイメージ)

<さとうさんの体験談>

私と、1歳手前の娘と、私の母との3人でディズニーランドにいった帰りの電車でのことです。

母はパーク内で分かれ、先に帰宅し、私は娘と帰ることに。電車もそう混んでないだろうと踏んでいたのですが、見通しが甘くて......。

席を譲ってくれた人がいたけれど...

車内が混雑していたので、私は慌ててベビーカーを畳んで、娘を抱っこして電車に乗り込みました。

席を譲ろうとしてくださった方がいたのですが、仕事帰りの方が多い中、遊んで帰ってきた私たちが座るなんて申し訳なく、断りを入れてしまいました。

しかし、揺れと同時にベビーカーが転倒。結局、席を譲ってもらうことになりました。

結局席を譲ってもらうことに(画像はイメージ)

その後も、車内が思ったよりも暑かったからか、娘がぐずりだしました。ベビーカーを足に挟んで娘を宥めていたら、不安定なそれを支えてくださる方、落ちた帽子を拾ってくださる方、娘に話しかけてくださる方、スマホの画面を見せてあやしてくださる方、など、多くの方に助けられました。

当時もお礼を言えていたとは思うのですが、改めて伝えたくて投書致しました。

あの時は本当にありがとうございました。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」「あの時はごめんなさい」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな誰かに伝えたい「ありがとう」や「ごめんなさい」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆さんの「『ありがとう』と伝えたいエピソード」「『ごめんなさい』を伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのか、どんなことをしてしまい謝りたいのかなど、500文字程度〜)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)