シリーズ読者投稿〜あの時、あなたに出会えなければ〜 投稿者:Cさん(神奈川県・30代女性)

Cさんには5年ほど前に、足を怪我して松葉づえを使っていた期間がある。

怪我の翌々日からは仕事。急行よりは空席があるだろうと、普通電車に乗ったのだが......。

松葉杖で通勤していた日(画像はイメージ)

<Cさんの体験談>

5年ほど前、足を怪我して数週間の松葉づえ生活を経験しました。

怪我した翌日は仕事を休んだものの、その次の日は出勤。電車に乗り、いつもなら1時間で着く職場に出社しました。

電車で席が空いても...

家から最寄り駅までは距離が長いので、仕方なくタクシーに。電車では、まだ座りやすいだろうと、いつもの急行ではなく、普段より時間のかかる普通電車に乗車。

しかし、誰にも気づいてもらえず、席を譲ってもらえることもなく、席が空いても先に座られてしまい、一度も座れないまま。職場の最寄り駅についた時点で、すでに疲れ切っていました。

立ちっぱなしで疲労困憊(画像はイメージ)

職場は駅から5分程度だったので、2度目のタクシーは躊躇し、慣れない松葉杖で歩いて行くことに。すぐにそれが当初の見込みより大変なことだと気づきました。

さらには雨まで降ってきます。両手に松葉杖を持っていて、傘をさすことも出来ないので、濡れながら歩くことになってしまいました。

その時、1人の女性に声をかけられました。

「大丈夫ですか?」

「一緒に行きましょう」

彼女は自分がさしていた傘に私を入れてくださって「行く方向同じなので、一緒に行きましょう」とまで。

歩くのが遅いのでご迷惑と思い断ったのですが、「いえいえ、時間ありますので」とそのまま、私の職場のビルまで送ってくださいました。

すでに疲労困憊だった私はあまりしゃべることも出来ず、いつもの倍以上の時間をかけて前に進むので精いっぱい。彼女はそんな私に付き添ってくれました。

初対面の女性が傘に入れてくれて...(画像はイメージ)

電車内で1時間以上片足で立ったまま、誰にも気づいてもらえなかった寂しさを感じていたところに、思いがけず優しい対応をしていただいたことがありがたく、道中、泣きそうなのを必死にこらえていました。

お礼はお伝えしたのですが、本当にただ「ありがとうございました」ということしか出来ませんでした。

優しさを頂いたことは、ずっと忘れないと思います。

あの時はありがとうございました。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」「あの時はごめんなさい」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな誰かに伝えたい「ありがとう」や「ごめんなさい」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆さんの「『ありがとう』と伝えたいエピソード」「『ごめんなさい』を伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのか、どんなことをしてしまい謝りたいのかなど、500文字程度〜)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)