シリーズ読者投稿〜あの時、あなたに出会えなければ〜 投稿者:Kさん(岐阜県・40代女性)

Kさんは中学校3年生の時に、友人と東京に遊びに行ったことがある。

その最終日のランチに、新宿の中華料理店に入ったところ......。

中3の頃の思い出(画像はイメージ)

<Kさんの体験談>

30年ほど前の夏休み、中学3年だった私は友人と東京へ遊びに行きました。

帰りの日のお昼に新宿にあった中華料理店に入ったところ、店の方に「どこから来たの?」と聞かれて......。

「時間があるなら東京観光する?」

岐阜県だと答えると、なんと店の従業員全員が岐阜県出身とのこと。

「時間があるなら東京観光する?」と言われ、都庁まで連れて行ってくれることになりました。

混み合っていたので中へ入るのは断念しましたが自販機のジュースをご馳走になり暑い日だったのでとても美味しかったです。

そして、店に戻ると新幹線の中で食べる用にと夕食分を持たせてくれました。

中華料理屋で...(画像はイメージ)

「お昼のランチ代も出世払いで良いし、バイトに来たら時給2000円で雇うよ」と冗談も言われ、帰りたくなくなるほど楽しい時間でした。

案の定、新幹線に乗り遅れしまい東京駅から店に電話すると心配だから今から迎えに行くと言われましたが大丈夫と伝え岐阜まで帰ることができました。

冬になりお礼の手紙と従業員の方にバレンタインのチョコレートを送りました。返信で届いた手紙は今でも大切に保管してあります。

あのときは大変親切にしてくださりありがとうございました。

皆さんの体験談、聞かせて!

Jタウンネットでは読者の皆さんの体験談をいろんなテーマで募集中。

誰かに伝えたい「ありがとう」「ごめんなさい」、旅先であったいい話、受けた「神対応」や親切自慢、新社会人時代に助けられたこと......などなど、誰かに話したい、心温まる思い出を教えてください!

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(500文字程度〜)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)