シリーズ読者投稿〜あの日であった「私のヒーロー」〜 投稿者:ぽんたさん(熊本県・30代女性)

高校生時代のある朝、ぽんたさんは渋滞で遅れたバスを待ち続けていた。

すると、同じ停留所で待っていたスーツの女性が......。

バスが全然来ない朝に(画像はイメージ)

<ぽんたさんの体験談>

高校生の頃は、東京都江戸川区に住んでいました。

歩いて駅に向かうには25分くらいかかる距離。土日は大会に出場するため朝早いバスに乗っていく日が多かったのですが......。

大人って、カッコいい

その日は渋滞でバスが中々来なくて、30分遅れていました。

同じバスを待っていたスーツを着た20代くらいのお姉さんは、待ち切れずタクシーを呼び止めていました。

そして、私に一言。

「駅まででしょ? 一緒に乗る?」
バスを待ってたけど...(画像はイメージ)

大人ってカッコいい!!

お言葉に甘えて乗せてもらい、タクシー代を奢ってもらいました。

それ以降お姉さんに会うことはありませんでしたが、いつか自分が受けた恩を別の人にしてあげたいと思いつつ15年すぎました。

あの時のお姉さん、ありがとう。私もお姉さんのように行動できるようにがんばります。


誰かに伝えたい「あの時はありがとう」「あの時はごめんなさい」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな誰かに伝えたい「ありがとう」や「ごめんなさい」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆さんの「『ありがとう』と伝えたいエピソード」「『ごめんなさい』を伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式X(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのか、どんなことをしてしまい謝りたいのかなど、500文字程度〜)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、読者の皆さんに投稿していただいた体験談を、プライバシー配慮などのために編集している場合があります。あらかじめご了承ください)