電線でよく見るやつ... スマホのケーブルにとまる鳥さんのフィギュアがめっちゃかわいい

スマホの充電ケーブルに、ちょこん。

まるで電線にとまる鳥のようなフィギュアが、かわいすぎるとツイッターで注目を集めている。

こちらは「インコさん(あお)」(画像はバンダイより)

こちらは、バンダイが販売しているケーブルをハグするマスコット「ハグコット こーどの鳥さん」(以下こーどの鳥さん)だ。

2019年10月(第3週)から全国のガシャポン自販機で販売されている(オンラインストア等での販売は行われていない)。

ラインアップは、「ハトさん」「メジロさん」「文鳥さん」「シマエナガさん」「スズメさん」「カラスさん」「インコさん(みどり)」「インコさん(あお)」の8種類である。

愛くるしい見た目からか、ツイッター上には、ケーブルやハンガー、グラスのふちなどにとまらせるユーザーが続出している。

こーどの鳥さんのもちもち造形が好み!コードの他にハンガーにとまらせてもかわいくて、どんどん増やしたくなる pic.twitter.com/78UjVCgrNt
- もんとみ( •ө• ) (@shigemochi_kun) October 20, 2019

こーどの鳥さん、ケーブルがなくてもグラスの縁などにハマりそうです(*´-`) pic.twitter.com/f1dZqlNQBM
- まつかぜちり子(ちり展11.16-17国分寺スズメノツノ) (@malpighi) October 19, 2019

もしもコードが電線だったら...

バンダイの広報担当者は2019年10月18日、「こーどの鳥」を開発したきっかけについて、コードと親和性が高く、かわいいものって何だろうと色々考えているうちに、

「もしもコードが電線だったら?鳥さんたちがいっぱいとまってかわいいかも!」

とのひらめきがあったと説明する。

コードはたしかに電線のようだ

採用した鳥の種類について、担当者は、

「ペットとして人気のセキセイインコや文鳥、雪の妖精として人気を集めているシマエナガなどは単純にモノとしてかわいくなるかつ、需要もあるだろうとラインナップしました」

と説明。身近な存在であるカラスやハト、スズメについては、

 

「カラスやハト、スズメは一般的にはかわいいとされていないため、かなり反対されましたが、街で見かける風景をコードの上で再現したいという強い思いがあったのでラインナップに入れました」

と話す。なるほど反対意見もあったようだ。

「カラスだけ、ハトだけ、スズメだけでいっぱいコードにつけると、かわいさとはまた違った面白さがあってそれもまた素敵かなと思っております」

とも話した。

ちなみにメジロは同期の営業から「(ラインナップに)入れるべき」とアドバイスをもらったという。

SNS上の「かわいい」「コンプリートした」などの反響に対して、

「『こんなものがあったらいいな』『こんなものがあればよろこんでもらえるかな』と一生懸命考えてつくったので、みなさまに喜んでもらえてとっても嬉しいです。鳥さんたちをかわいくデフォルメするのは大変でしたが、がんばってよかったです。ありがとうございます」

と述べた。

手のひらにも


関連記事

おすすめ情報

Jタウンネットの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る